パンセ(中) (岩波文庫)

著者 :
制作 : 塩川 徹也 
  • 岩波書店
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (672ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003361436

作品紹介・あらすじ

「神あり」に賭けることの合理性を確率論を用いて論証する「賭」の断章。だが、神を知ることと愛することとの隔たりは果てしなく大きい。理性で知るのではなく、心で神を感じること。キリスト教護教論から真の信仰へ。有名な「クレオパトラの鼻」、「幾何学の精神と繊細の精神の相違」等の断章も本巻に収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【書誌情報】
    「神あり」に賭けることの合理性を,確率論を用いて論証する「賭」の断章.だが,神を知ることと愛することとの隔たりは果てしなく大きい.理性で知るのではなく心で神を感じること.キリスト教護教論から真の信仰へ.他に,有名な「クレオパトラの鼻」,「幾何学の精神と繊細の精神の相違」等の断章を収録.(全三冊)
    http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/33/1/3361430.html

    ■青614-3
    ■体裁=文庫判・並製・672頁
    ■定価(本体 1,440円 + 税)
    ■2015年10月16日
    ■ISBN978-4-00-336143-6

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一六二三―六二。フランスの数学者、物理学者、哲学者。幼少のころから数学に天分を発揮、16歳で『円錐曲線試論』を発表し世を驚嘆させる。「パスカルの原理」を発見するなど科学研究でも業績をあげる。後年は「プロヴァンシアル」の名で知られる書簡を通して、イエズス会の弛緩した道徳観を攻撃、一大センセーションをまきおこした。主力を注いだ著作『護教論』は完成を見ることなく、残されたその準備ノートが、死後『パンセ』として出版された。

「2018年 『パンセ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パンセ(中) (岩波文庫)のその他の作品

パンセ (中) (岩波文庫) Kindle版 パンセ (中) (岩波文庫) パスカル

パスカルの作品

ツイートする