神・人間及び人間の幸福に関する短論文 (岩波文庫)

著者 :
制作 : Benedictus De Spinoza  畠中 尚志 
  • 岩波書店
3.88
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003361597

作品紹介・あらすじ

自己の哲学体系をはじめてまとめあげた論文。スピノザ哲学への格好の入門書。死後二百年近くたった十九世紀後半初めて公表された。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 神とは何かを「命題」によって示そうとした第二章、『エチカ』でお馴染み公理や定理による幾何学的記述の先駆けたる第一付録等、スピノザらしさを大いに発揮している著作だが、同時に短いながらも彼らしからぬケレン味すら感じさせる二つの対話篇や、「悪魔」の非在について敢えて記した第二十五章のように、意外な一面を垣間見ることもできる興味深い一冊。名著の陰に隠れたスピノザ哲学の良書。

    "自己の哲学体系を初めて纏め上げた論文。スピノザ哲学への格好の入門書。死後二百年近く経った十九世紀後半初めて公表された"

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1632年11月24日オランダ、アムステルダムのユダヤ人居住区で商人の家に生まれる。両親の家系はイベリア半島でキリスト教へ改宗したユダヤ人(マラーノと呼ばれる)で、オランダに移住し、ユダヤ教の信仰生活を回復していた。ヘブライ語名バルッフ(Baruch)、ポルトガル語名ベント(Bento)、のちにラテン語名ベネディクトゥス(Benedictus)を用いた。ユダヤ教会内で早くから俊才として注目されたとも伝えられるが、1656年7月27日、23歳のときに破門を受ける。友人・弟子のサークルとつながりを保ちながら、ライデン近郊ラインスブルフ、ハーグ近郊フォールブルフを経て、ハーグに移る。1677年2月21日ハーグで歿す。同年、「エチカ」を含む『遺稿集』が刊行される。他の著作は「デカルトの哲学原理」、「神学・政治論」、「知性改善論」(未完)、「政治論」(未完)、「神、人間とそのさいわいについての短論文」、往復書簡集ほか。

「2018年 『スピノザ エチカ抄 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スピノザの作品

ツイートする