ハイラスとフィロナスの三つの対話 (岩波文庫)

制作 : 戸田 剛文 
  • 岩波書店 (2008年4月16日発売)
3.85
  • (6)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003361825

作品紹介

「ねえ、ハイラス」経験論者バークリを代弁するフィロナスは論戦を挑むハイラスに向きあう。知覚の原因物質が外界に存在することを否定し一切は心の中の観念とする"非物質主義哲学"をいかに世間に納得させるか。『人知原理論』『視覚新論』と三大主著をなす対話篇は英文学史に残る名文で書かれた。1713年刊、絶好の哲学入門書。

ハイラスとフィロナスの三つの対話 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 17

  • 古本で購入。ロック、ヒュームの陰に隠れがちな"経験論第三の男"というイメージを長らく抱いていたバークリの著作を初めて読んだ。平易な表現を用いた対話形式ということもあって、入門編にはちょうどいい。がしかし、ロックの斬新さやヒュームの徹底ぶりに比べると、やはりその折衷主義的態度が生ぬるく感じられるのも事実。スピノザの言葉を借りれば、まさに"彼らは最も激しく対立している場合でも、実はまったく同じことを考えているか、そうでなければまるで異なる主題について考えているかであり……(『エチカ』第二部定理四七備考)"

  • デカルト、ロック以来の観念論は、外部的物質の実在性を自明とした論理なんだけど、「外部的物質なんて存在しない。心の中に実物があるんじゃ」っていうアホアホな結論を導き出すバークリの論理を対話方式でわかりやすく説明している本。

    外部的物質が存在んしないってことは、我々が普段目にしているコップやら屁の臭いやら、蛍光灯の色やらは実在しないことになる。もちろん、この結論には容易には納得のいくものではないが、対話を読み込んでいくと、なるほど帰結は確かにそのとおりになるからあら不思議。

    結論が現代人の考えるそれとマッチしないのは、単に当時の生理学や自然科学の発達が遅れてたからじゃね?と思っていたが、それも違った。対話に登場する科学的根拠は現代のそれとほとんど変わらない。

    その差は何かって言うと、バークリの論理展開は経験主義、つまり感覚で捉えることのできる事象のみを確実な論拠としうようという前提に立つ。理性やら恣意性を持つチャチャ入れを除外している。

    つまり、我々は平素モノを観察するときに、感覚で捉えたモノ以外の要素、理科の授業で習った科学的説明だとか、そういた文脈を踏み台にしているのだ。ってことは理解できた。まぁ、結論だけ読むと当たり前なんだけど、自分たちの想像している感覚ってものだけで如何に物事を観ていないかってことが、かなりマクロなレベルでわかるようになる。バークリはこれによって懐疑論からの脱却を試みたわけだけど、っていうか逆に事物を見ている主観が相当疑わしい程度の低さってことになるわけで・・・。怖い、怖い。けどまぁ、面白かったわけよ。

    ちなみに、デカルトの観念論の理解がないと、そもそも読み解けない本だから、この本だけいきなり読んでもたぶん無意味。

  • あー、自分の頭の悪さを思い知らされました。

    大学の講義(理系。生物)で、とある教授がデカルトを引き合いに出していたのですが(主として『情念論』)、個人的に「バークリのほうが近いのでは?」と思ったので読んでみました。
    『ソフィーの世界』で昔々ちょろっと読んで印象的な思想だったのでたまたま覚えており、わかりやすいかなー、と思った自分が甘かったです。
    異常にやる気のないときに読んでいたこともありますが、数十ページ読んだ時点でかなり苦痛に。
    事物の実在と感覚、心を分ける考え方はおもしろいと思いますけどね。如何せん、ちゃんと理解していないのでダメダメ。
    哲学の基本用語をしっかり知らないというところにも私の不理解の大きな原因がありますね。うーむ。どうしたものか。
    でも、対話形式はやはりおもしろいのではないでしょうか。哲学の基礎。

  •  わたしの大学の哲学の先生が訳した本だというので、気になって読んでみました。その先生はとっても面白くてユーモアのある方で、前書きと後書きからもなんだか人間性が伺えます。

     内容は対話形式、登場人物はハイラスとフィロナスの2人だけ。作者バークリの考え方を、フィロナスが代弁します。バークリの主張する“非物質主義”はとても独特な哲学で、難しくて全然理解出来ませんでした。。でも対話だから読みやすいし、ハイラスが言いくるめられて混乱したり、2人がお互いに皮肉を言い合ったりしていて、なかなか面白い文章でした。

     自分と対立する意見をここまで検討して論駁することって、本当に頭が良いから出来ることなのだろうなーと思います。

  • バークリを読みたくて『人知原理論』を探していたら、学校の図書館にも書店にもやたらとこればっかりしか見つからないんです。

    でもこれ、対話篇で割に読めそうな雰囲気なのでこっちを読もうかと思案中。

全9件中 1 - 9件を表示

ジョージ・バークリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ルートウィヒ・ウ...
ウィトゲンシュタ...
ドストエフスキー
バートランド ラ...
ルネ デカルト
キェルケゴール
ウラジーミル ナ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイラスとフィロナスの三つの対話 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする