人間機械論 (岩波文庫 青 620-1)

制作 : 杉 捷夫 
  • 岩波書店
3.04
  • (1)
  • (4)
  • (15)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 90
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003362013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読

  • 人体は自らゼンマイを巻く機械であり、永久運動の生きた見本である

  • 人間はただ人間性を含むだけの、機械的な作用で動作するものであり、本質的には動物となんらか変わりがないことを述べている。
    今からすれば至極当然のことだが、当時からすればとてもセンセーショナルな論であっただろう。

  • 101冊、のつもりで間違えた。
    101冊はノーバート・ウィーナーのほうでした。

    人間は動物とかわらない、人間が精巧な機械であるといって何が悪いのか!という風な趣旨だと思います。
    なんで思います、かっていうと、苦手なんだよ文体が!
    時代的なものかもしんないんだけどまわりくどくて比喩も多くて一文も長いしで、わりとさらーっと流して読んじゃいました。
    300年近く前の本だし、キリスト教徒じゃないので、別に衝撃を受けるでもなく、ああそうよねーって感じでしたが
    「脳も筋肉である」っていうのはやっぱりちょっとびっくりした。
    脳も繊維だ脂肪だタンパク質だ(なんかちょっと間違ってるかもしれない)っていうのはそれこそいろんなとこで聞いてるんだけど、そのたびにちょっとびっくりします。
    これはわたしが脳を信仰してるってことなんかなあ

  • 医師のラ・メトリの著書。人間の身体の構造は機械的で、他の、キリスト教的に
    いえば低級な地をはう虫と変わらない。生殖のしくみも成長の仕組みも変わらない
    し、神様が作ったと考えてもいいけど物理で説明できてもおかしくはないだろう
    というお話

  • 2011年11月11日大阪経済大学第一回ビブリオバトル チャンプ本

    1.請求記号:135.43/n 所蔵ID:00150907 配架場所:閉架書庫
    2.請求記号:135.43/n 所蔵ID:00150906 配架場所:閉架書庫
    3.請求記号:B425/135.3 所蔵ID:00052326 文庫・新書
    4.請求記号:BB4203/135.3 所蔵ID:00387058 個人文庫[館内のみ]

  • 当時の汎神論者等を批判しつつ、医者・哲学者・無神論者として人間はいかにして産まれたかを説く。
    時折しも産業革命時代の黎明期、生物と機械を同一視する機械論が再び持ち上がるのも肯ける。
    デカルト等の先駆者が居たとはいえ、これまでのキリスト教的生命観を脱し、生物学へのパラダイムシフトを起こす嚆矢の一つと思って良かろう。

  • 構造主義の話。
    無神論者と言っても、自然は偉大だと言ってしまうなら、それは考えるのをやめるということで、神を崇拝するのとあまり違わない。

  • 1747年に出版され、性急な唯物論が宗教の否定と見なされ著者の迫害を招いた書物。
    しかしこんにち読んでみると、ごくふつうの、常識的なことが書いてあるだけ、という感触だ。意外と著者は冷静であり、人間は動物の一種にほかならず、「魂」と呼ばれるものは脳の機能の一部に過ぎないことを、生理学的な観点から論証してゆく。
    もちろん当時の自然科学的知見は誤りも多いが、大枠において科学的である。おまけに動物→人間という、進化論の片鱗も見せる。
    しかし「魂」は独立したものであり、「人間」は動物とはまったく異なる特別な存在であるという、当時の宗教的・哲学的前提がこうした自然科学的論法と対立したわけだ。
    とはいえ、「魂(心)」は物質としての脳の「属性」に過ぎない、という言い方は、やはり言い過ぎではないかと私には思われる。モノと、モノの機能によりうみだされるものとの違いは、厳然たるものだからだ。この区別の上にたちながら、心身二元論を乗り越えるのが正しい行き方ではないだろうか。
    ド・ラ・メトリのこの本が、科学史上どんな役割を果たしたかはわからないが、西欧の「近代」の思考の流れの中で、重要な意味を持っていることは間違いない。

  • 『人間部品産業』から触発

全11件中 1 - 10件を表示

ド・ラ・メトリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ヴィクトール・E...
キェルケゴール
ウィトゲンシュタ...
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

人間機械論 (岩波文庫 青 620-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする