孤独な散歩者の夢想 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 今野 一雄 
  • 岩波書店
3.64
  • (16)
  • (26)
  • (39)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 300
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003362310

作品紹介・あらすじ

付録: 晩年のルソー (ベルナルダン・ド・サン・ピェール) 165-177p

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 晩年全くの孤独に閉ざされたルソーは、日々の散歩の途上に浮かび上がる想念やつれづれの印象を、また事件あるいは生涯のさまざまな思い出を記し、人間と自己を見つめ続けた。偉大な思想家ルソーの緒著の中でも、特に深い感銘を与える最後の作品。(表紙説明より)


    「社会契約論」で有名なジャン・ジャック・ルソーの最後の作品。何よりも自然を、植物を愛した彼が、自身の住むパリを発し、自然豊かな郊外まで毎日散策を繰り返し、その道中で考えたことをつれづれなるままに綴った作品。

    人間を避けて孤独に暮らしたがっているくせに、なによりも人間のことが大好きなルソー。


    友人達から裏切られ他人を信用できなくなった孤独な人間が、どのように人生を処するべきか。身の持ち方、考え方、孤独な夢想の楽しみ方、みたいなものが書かれてました。社会から閉め出され、たった一人であると感じたルソーは、「告白」で始めた自己探求の道をさらに遠く進もうとする。
    しかしこの作品は、自我の探求の他にもいっそう興味を持つ美点がいくつもある。例えば、ビエーヌ湖上のサン・ピエール島の追憶。自然の観賞のうちに経験した深い恍惚感を伝える第五章。文学的にも思想的にも最も興味深く美しく、ロマン派以降現代に至るまで多くの詩人や作家に影響を与えているらしい。フランス散文の歴史上でもまれにみる美文として知られている。

    また、幼子や少女達、老いたる老兵との廻り合いに涙する老ルソーの姿がみられる第9章。人間に対する止みがたい愛着、運命によって余儀なくされた絶望的な孤独感、この矛盾する感情がルソーの自伝作品の基調になっている。

  • 少々砕け気味(現代語訳)の光文社の新訳と並行で読むとより深く理解できよかった

  • 2011.12.21 読了

  • この本は、エッセイです。

    ルソーが迫害にあっていた人だということを知らなかった。
    被害者意識が過剰だとも思うが、この当時は情報が限定されていたのだろうし、実際に迫害にもあったということのようなので、この卑屈な書きようも仕方ないのかと思う。

    ところどころ、今の自分が読んで気づかされる点や、美しい表現があり、そのことだけでも読んで良かったと思う。

    こんな生活を送った人の他の著述も読みたいと思わせる。

  • PDF
    Les Reveries du Promeneur Solitaire
    J.J.Rousseau
    カバーから:『告白』につづいて書かれた本書は、その自己探求の道をさらに進めたものである。晩年全くの孤独に閉ざされたルソーは、日々の散歩のの途上に浮かび上がる想念やつれづれの印象を、また事件あるいは生涯のさまざまの思い出を記し、人間と自己を見つめ続けた。偉大な思想家ルソーの諸著の中でも、特に深い感銘を与える最後の作品。
    美しい文章もある。
    ギッシングの「ヘンリーライクリフトの手記」のように、老年の随筆のような雰囲気があるが、より人生の痛みや苦さを書き散らして、やり切れない気持ちを持たされる所もある。

  • ルソーの最晩年の著作であり、死後に公刊された著作。パリ市内の自宅からの散歩の最中に浮かんだ「夢想」を自由に展開していくというかたちで書き綴られている。その目的は、ルソーによれば、モンテーニュの『エセー』のような、人に読ませるために自分の悪徳を多少なりとも隠している自己省察ではなく、『告白』の続編とも言うべき、赤裸々な自己省察である。それゆえ、『不平等起源論』や『社会契約論』、『エミール』といった、社会的な事象を扱うのでもなく、ひたすら自己の内面を掘り下げ、自己の境遇の悲惨さが何に由来するものなのかを探求している。ここで問題となるのは神義論である。ルソーが最終的に辿り着くのは、自身の境遇が必然であるという認識であり、そのときルソーは世界、宇宙との一体感を覚え、従来の著作で探究していたものとは異なる原理に行き着く。

  • 子供が好きだからこそ、一緒に遊ぼうとしたりしない、という考え方に共感。
    自分が子供だったら知らないおばさんに構われるのは苦痛だと思うから。

  • ルソー晩年の著書。ある種病的な孤独感を自らの内面を観察するように素直に書き記しています。
    自然に対する考え方などはとても素直で素敵でした。子供たちを見つめる視線なども微笑ましい。湖の孤島で暮らしたい二ヶ月間を描いた章がとても素晴らしくて、幸せな生活とはこーゆーことなんだろうなぁ、ととても共感できました。
    プルーストの「失われた時を求めて」と共通する感じもありました。

  • 晩年、孤独な生活、思いを抱えたルソーが、日常のなかで自らを顧みて綴った作品。

    わが身可愛い、みたいな記述がかなりあって、どうも共感できないところもあったのだが、自然に対する憧憬や、子供に対する愛情など、とても優しいルソーの性格が垣間見られた。
    また、「嘘」「幸福」などの探求は、ハッとさせられる部分があり、哲学書を沢山読みたいな~と思えた作品。

  • 社会契約論や、エミールの著者。
    節々に彼の思想が見られるけれど
    それよりもやっぱり今野一雄のルソーは読みやすくて好きです。

全23件中 1 - 10件を表示

孤独な散歩者の夢想 (岩波文庫)のその他の作品

ルソーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
マックス ウェー...
安部 公房
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

孤独な散歩者の夢想 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする