法の哲学: 自然法と国家学の要綱 ((上)) (岩波文庫 青 630-2)

  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (468ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003363027

作品紹介・あらすじ

一八二一年に公刊されたヘーゲルの主著の一つ。法の原理的検討からはじまり、家族、市民社会、国家の洞察へと進む。それはまさに近代の自画像を描く試みであった。上巻は、第一部・抽象法、第二部・道徳を収録。「ミネルヴァの梟は、夕暮れの訪れとともに、ようやく飛びはじめる」という名高い一文が登場する。(全二冊)

ヘーゲルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクスアウレー...
ウィトゲンシュタ...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×