将来の哲学の根本命題―他二篇 (岩波文庫 青 633-3)

制作 : 松村 一人  和田 楽 
  • 岩波書店 (1967年3月16日発売)
3.14
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 60人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003363331

作品紹介

参考文献

将来の哲学の根本命題―他二篇 (岩波文庫 青 633-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 統一96

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    文庫&新書百冊(佐藤優選)106
    思想・哲学・宗教

  • フォイエルバッハはヘーゲル学徒であることは論を待たないが、カントやスピノザ、ヘーゲルへの徹底した批判、が内容。当時としては画期的であったのだろうが、神への論及など、古臭い印象が否めない。
    あまり同感できるところもない。時間の無駄とは思わないが、哲学史の一つとして捉えるべきように思う。

全3件中 1 - 3件を表示

フォイエルバッハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンリ ベルクソ...
キェルケゴール
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

将来の哲学の根本命題―他二篇 (岩波文庫 青 633-3)はこんな本です

将来の哲学の根本命題―他二篇 (岩波文庫 青 633-3)を本棚に登録しているひと

ツイートする