認識の対象 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 山内 得立 
  • 岩波書店
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003364826

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新カント学派のドイツ人著者による、1892年頃の書物。西田幾多郎がお薦めした本らしいので、読んでみた。
    先日読んだラッセルの『現代哲学』とテーマはかなり重なっているが、もちろん考え方がかなり違う。観念論寄りではあるが、独我論を排し、読み応えのあるしっかりした論理を展開していた。
    結局、カントが「もの自体」と呼んだ世界の諸<実体>は、ここでは「超越的実在」と称され、その扱いにさんざん苦心している様子が見て取れる。
    ただしこの本の限界は、デカルト以来の「コギト=意識」中心主義を貫いているから、「意識神話」が疑問に付されているこんにちから見ればやはり古い。「意識」が幻想であって絶対的なものでないならば、近代のドイツ哲学の多くと同様、灰燼に帰してしまう恐れもある。
    しかし、それはそれとして、たとえここに最終的な「真実」が無くても、一流の哲学者が真摯に練り上げた論理の痕跡をたどること自体に、知的な読書の喜びを感じるのである。
    ちなみに途中から出てくるキーワード「不許不」というのがよくわからなかった。この語は現在なら別の訳語が当てられていたことだろう。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(佐藤優選)26
    宗教・哲学についての知識で、人間の本質を探究する
    学問とは何か、真理とは何か、について考える場合の基本書。

全2件中 1 - 2件を表示

リッケルトの作品

ツイートする