ラッセル教育論 (岩波文庫)

制作 : 安藤 貞雄 
  • 岩波書店
3.74
  • (4)
  • (6)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003364925

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 積ん読してあったのをたまたま手にとって読み始めたら面白くて止まらなくなった。ひとつは、本書が、一度子育てを経験してみなければわからないノウハウに溢れている点。ラッセル自身の子育て経験がふんだんに語られている点。
    もうひとつは、前世代に対する戦いでもあるという点。ラッセル自身旧式の教育を受けた身として、当時の旧弊なイギリスの教育制度に反抗しようとしている。
    ラッセルは本書を書きながら、みずからの子供時代を、子育てを通して生き直そうとしているかにみえる。

  • 数学者ラッセルが2児を得て早期教育や児童心理学の重要性を一般的な父母に訴える教育論。哲学書でないため、根拠レスや我が子での実験結果の敷衍が多々見られるのはご愛嬌。教育の理想、性格の教育、知性の教育を語る過程で権威に擦り寄ることなく、伝統的な教会、教育論、フロイト主義者をバッサリ切るのは心地良い。モンテッソーリ教育が注目される前から早期教育やマクミランの『保育園』に着目するセンスの良さは秀逸。『数学原理』を読む気はないが、論理学・哲学・宗教・政治等、約100冊を書いたラッセルがダ・ヴィンチに見える。

  • 教員もしくは母親になる人にぜひ読んでほしい。(姫)

  • 教育哲学の本を読んだのはたぶん初めてなんだけど、すごくおもしろかった
    他の著書も読んでみたい

  • コモンセンスの人、ラッセル同著の、結婚論、幸福論と併せて読みたい一冊。ホワイトヘッドと共著の当時の高校までの数学を体系づけたPrincipia Mathematicaと違い、論理学の素養がなくても読みやすい。

  • 子供が自発的に学ぶようにする…それを目指すことに関してはもちろん賛成。自分で学習する理由を見つけられれば、世界はどんどん広がっていく。塾やら学歴やらで滅茶苦茶になっている教育現場では難しいかもしれないけど。

  • 近代論理学の金字塔プリンキア・マテマテカなどを著した論理主義数理哲学者であり、ノーベル文学賞受賞者であり、平和主義者として活躍した数学者・思想家・哲学者・活動家…のバートランドラッセルによる「教育論」。

    プリンキアマテマテカ…は読めないので、教育論から読んでみました。

    この本には書いてありませんが、ラッセルは何人目かの夫人と共に学校を作って教育を実践していたのだからすごい。

    この本において一貫して主張される理念は、「愛と知」に基づく実践である。すさまじいバイタリティを持って知と追求し、愛を求め、平和の理念を行動に移したという彼の人生は波乱万丈でびっくりだけど、そういう人生を歩んだ彼の正々堂々さが本にもよく表れているのを感じ、なんだか圧倒される。

    個人的な印象として、細かいやり方に関する指針を述べている中には、多少、当時のワトソン的な行動主義心理学に毒されてる(??)印象を受けた部分もある気がするけど、そういう細かいところは別に気にならないし。どういうやり方をすればどうなるか、ということよりも、どういう精神で教育を行うべきか、ということに関して今でも多くのことを学べると思われる。

  • 後で書きます。

  • \105

全10件中 1 - 10件を表示

ラッセル教育論 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする