存在と時間 上 (岩波文庫 青 651-1)

  • 252人登録
  • 3.12評価
    • (0)
    • (7)
    • (43)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : Martin Heidegger  桑木 務 
  • 岩波書店 (1960年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003365113

存在と時間 上 (岩波文庫 青 651-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013.12.13 読了

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    文庫&新書百冊(佐藤優選)114
    思想・哲学・宗教
    宗教・哲学についての知識で、人間の本質を探究する
    岩波文庫の桑木務訳と細谷貞雄訳の両者をあわせて読むことでハイデッガーの思想が立体的に見えてくる。

    『人に強くなる極意』佐藤優著でも推薦(岩波文庫版)

  •  いわずと知れた現象学の古典。
     いろいろいわれているけれども、文章に慣れれば、それほど苦なく読める。ハイデガーは丁寧に、繰り返しわかりやすく説明してくれるし、時代的に近いためすんなり理解できる。しかし、慣れるまではめちゃめちゃ苦労するが……

     読み進めていくと、案外超然的なことを言っているわけではないことに気づく。手もと、見回しから世界を理解しましょう、ということなのだ。なぜこれが大事かというと、もちろんフーコーをはじめ多くの人に引用されているということもあるが、認識、概念というものをイデア的な、超越的なものから引きはがしたという点が現代の思想にとって非常に重要だからだ。
     われわれが見て聞いて知っていることがみな自分の作ったものという観点に立ってこそ、言説分析だのコードだのという考え方が可能になったのである。それまでは、「ある」ということが絶対的だったから、「ある」もののなかから真理を探し出して、それを底辺にして議論を進められた。しかし、その底辺を取っ払ったのがこのハイデガーの思想なのだ、と知れば、この本の面白さも一層増すのではなかろうか。結局「ある」とは、「いる」とはなんなのだろうか(この表現は岩波版では出てこないけど)、ということを説明したものの中でいま一番信じられている論述、といってもいいかもしれない。

  • 2010/4/23購入

  • 学生時代に挑戦したが・・超難解 即、挫折 自分には無理!

  • 後で書きます。

    全2巻 所有
    2巻が行方不明

  • 平成20年11月1日購入

    たまにこれ以上ないぐらい気が迷った時に
    つい買ってしまうのは
    学生時分
    最後まで読めなかった本である。

    大江健三郎が
    読めない本は読めるようになるまでとっといて
    時間をおいてトライしてみるといい
    という趣旨のことを言っていたが
    はたして今回は読めるであろうか?

  • 飛行機で読む

  • 巨人の名作。にも関わらず星2つなのは翻訳に対してつけたもの。この岩波のは読みにくい。文章がかたくならないようにした感はあるが、それが逆にいけなかったのか?細かいことだが、です・ます調なのも違和感が

全10件中 1 - 10件を表示

マルティン・ハイデガーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

存在と時間 上 (岩波文庫 青 651-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする