アラン定義集 (岩波文庫)

制作 : 神谷 幹夫 
  • 岩波書店
3.40
  • (5)
  • (8)
  • (32)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003365649

作品紹介・あらすじ

遺作カード箱から二六四枚に書かれた断想の初の全訳と、未刊主題を収録。貴重な日本版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原書を読めばフランス語の勉強にもなるんじゃないかと思って探していたのですが、なかなか見つからないので岩波文庫版を購入しました。本当にどうしようもなく手持ち無沙汰な時、例えばあと一分でご飯が炊きあがるのをワクワクしながら待っている時や冷凍したご飯をレンジで解凍している時なんかに手に取り、パラパラと適当なページをめくってそこにある文章を読んだりしているんですが、なかなか良い暇つぶしになります。

    同じアランでもアラン・ソーカルが学術的厳密性の要求される科学用語の人文社会学系評論における濫用を指弾したのに対し、こちらのアランは日常用語を循環論法に陥った辞書的な意味から逸脱させ言葉の本質を表出させようと試みていると同時に、よりシソーラス的な単語体系の構築をも目指しているように思われます。そこにソーカルの求めるような厳密性は存在しませんが、言葉の定義を疎かにしている人文社会学に対してもある意味では同等かそれ以上に厳しい反駁を加えているようにも見えます。

    然しながらそれが正しいという保証もどこにもないわけで、やっぱり腹ペコの状態でカップ麺に熱湯を注いで三分経過するのを待つ、その三分間の暇を紛らわすのに読むくらいがちょうどいいのかもなーって思います。この本がそれに適している最大の理由は、食事についての記述がほとんどと言っていいほど出てこないからです。食欲をかきたてる美味しそうな料理の記述など一つもなかったように思われます。日常用語の再編纂を目論んでいるのに三大欲求の一つである食欲の記述がこれほどまでに少ないとは、やはり残念ながら何らかの欠陥を疑わざるを得ません。

    とはいえ多少は食べ物に関しての記述も含まれているわけで、例えば「PLAISIR(楽しみ)」の欄には「ぼくはガレットやりんごやイチゴ、夏にアイスクリームを食べるのが楽しみである」と書かれています。まあそれなら許してやるかって感じですね。「正義」とか「幸福」の欄にも同じようなこと書けばいいのにって思うんですが。ご飯がおいしいのは絶対的な正義ですよね。かつおふりかけと納豆かけて食べると最高。

  • 普段何気なく使う語句(性格、絶対、勇気etc.)にアラン(本名エミール=シャルティエ)が一語一語考察したもの。
    何気なく使う言葉の意味を一歩立ち止まって考えさせてくれる本、
    さらに、自分がいつもいかに言葉の意味を考えずに喋っているか気付かされ、落胆できる本です。

  • 神、天使、涙などへの定義づけがすごく響いた。
    行き詰ったときに開きたい。

  • この本を読んでじゃないが、今一度メディアなど世の中で適当に使われている言葉を再定義したいと思う今日この頃。

  • 2010/1/16ジュンク堂で購入

  • 「幸福論」が素晴らしいので、アランの他の著作を読みたくなりました。

  • 神:これは最高の価値である。ある人は名誉こそ神であるといい、ある人はお金こそ神であるという。
    希望:よりよき未来に対する信仰のようなものであって、そこから正義と善意が生まれるのだろう。
    神学:これは理性が神話を受け入れられるようにするための神話への批判である。

  • 人間嫌い、純朴、弁証法、奇蹟、魔法、品位が落ちること…など様々な言葉の定義を述べた哲学書。特に「勇気」の項目が新鮮であった。「勇気とは慎重さと手を組んで怒り無しに見事にやっていく」。慎重さを亡くした勇気は怒気でしかない。

  • 昔よく読んでいた、辞書と比べて読むと面白い

全9件中 1 - 9件を表示

アラン定義集 (岩波文庫)のその他の作品

アラン定義集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする