哲学の慰め (岩波文庫 青 662-1)

制作 : 畠中 尚志 
  • 岩波書店 (1938年11月1日発売)
4.13
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 37人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003366219

作品紹介

原タイトル: De consolatione philosophiae

哲学の慰め (岩波文庫 青 662-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古代末期に記され、西洋思想に多大な影響を与えた一書。監獄に囚われたボエティウスのもとに、哲学の女神が現れ、不幸を嘆く彼に対して、真の哲学の教えを与える。その中で、幸福とは何か、悪は存在しない、摂理とは何かなど、以降の哲学を規定することになる様々な問題が論じられる。しかし、苦境にある人間を哲学が救うという筋書き自体は、細かな教えを越えて、人間に対して広く訴えかける力を有しているのではないかと思われる。

  • ボエティウスは、本書第1章でまず自らの不幸な運命の嘆くものの、第2章以降で、権力、富、名誉、快楽などの善の無意味さを自覚するに至る。彼によれば、人間は、神性の獲得で幸福になるが、運命の背後には神の摂理があり、徳があれば、運命はすべて良いものである。第5巻によれば、偶然というものは存在しない。ただし、因果関係の秩序にも自由意志はあるという。

    必然と自由意思の関係に関する第5巻の趣旨が判然としないが、すべては神が決定しているものの、人間の意識レベルでは自由が残されているという議論なのだろうか。

  • まさしく"愛知"という感じ。

  • 内容は疲れてる時に読むとすんなり入らないくらいのものだけど、言葉や文章はとても綺麗。

全6件中 1 - 6件を表示

ボエティウスの作品

哲学の慰め (岩波文庫 青 662-1)はこんな本です

ツイートする