ギリシア宗教発展の五段階 (岩波文庫 青 680-1)

制作 : 藤田 健治 
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003368015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 訳が酷い。私のような素人が楽しむようには訳されていない。
    学術的な内容なので、言い回しの正確さに重点を置いているのかもしれないが、「創造主」という訳に「つくりしかみ」なんてルビをふるような変な親切さを発揮する前に、日本語を判りやすくして欲しい。
    ギリシア語のままポンポン挿入されている単語も多く(これは多分ギルバート氏の原文からしてそうなっているのだろうけれども)目が滑る。

    まず簡単なはずの冒頭からしてこう(以下『』内は引用)
    『ギリシアの詩文や芸術や哲学の世界の重要性を認めることに何ら躊躇しない多くの人々もなお依然として、ギリシア宗教が現在の時点で私たちの研究に特に値すると言われるならば、むしろ逆理であると感ずるかもしれない』

    …(>ω<)

    「ギリシアの詩・芸術・哲学は凄いなって素直に認める人たちも、ギリシア宗教については”研究に値する”と言われても、そうかなあって反応になるんじゃないかな」でいいじゃんモー!

    内容的にはギリシア宗教の基本を押さえているようです。
    しかし書かれている文章を噛み砕くのに普通の三倍くらい時間がかかるので、頭の良いかた向けかと思われます。
    出典については細かく記載されており、そこは親切設計。

    しかしあとがきを最後に読んだら、これでも初版に比べれば平易に判りやすく改訂してあるのだという…恐ろしい。

全1件中 1 - 1件を表示

ギルバァト・マレーの作品

ツイートする