義務も制裁もなき道徳 (岩波文庫 青 682-1)

著者 : ギュイヨー
制作 : 長谷川 進 
  • 岩波書店 (1954年3月5日発売)
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003368213

義務も制裁もなき道徳 (岩波文庫 青 682-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いきなり言い訳がましくなってしまうのですが、正直なところ、本著の1割も内容を理解していないと思います。
    昔の漢字を使っていることや、自分の知識のなさが原因ですね。
    さて。
    「道徳的にもとる」とかいう言葉を用いて人を非難したりすることがあります。
    なんとなく分かったような、でも「道徳」って何だ?という気がするような…。
    そんな便利な(?)言葉です。
    著者は、「道徳」を定まったものとしてではなく、人の経験に即して実証的に明らかにしようと試みます
    (そこから理論を展開し、道徳の性質として、「義務」「制裁」といったものとは相容れないという帰結を導きます)。
    したがって、現実と道徳との関連で理論を展開しますので、
    理論を詰めていっても、いまいち
    「頂上が雲に覆われた山」のような不透明さが残ります。
    それでいいのだ、人間が「道徳」の全てを知ることなど不可能なのだ、
    と言われてしまえばそれまでなのですが。
    私自身の印象としては、「道徳」を画定されるよりは、よほど好印象をもちました。
    ギュイヨーがこのような手法を採ったのは、時代背景も大きく関連するように思えます。
    「自由と正義を求める民衆を念頭にしてものを考えた」(あとがき参照)ギュイヨーの著作。チャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか。

全1件中 1 - 1件を表示

ギュイヨーの作品

義務も制裁もなき道徳 (岩波文庫 青 682-1)はこんな本です

義務も制裁もなき道徳 (岩波文庫 青 682-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする