自由と社会的抑圧 (岩波文庫)

制作 : 冨原 眞弓 
  • 岩波書店
3.54
  • (5)
  • (11)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 190
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003369012

作品紹介・あらすじ

近代社会の構造的な不正と抑圧の原因とはなにか、そして人間が自由であるための条件とは。本書は、行動と思索の人シモーヌ・ヴェイユ(1909‐43)初期の代表作である。全体主義・マルクス主義をともに批判の俎上にあげつつ自由な社会を希求する誠実で真摯なその考察は、いまなお色褪せることない現代社会の指針となろう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シモーヌ・ヴェイユ、25歳の時の論考とのこと。
    本論が執筆された1934年はイタリアではムッソリーニ、ドイツではヒトラー、ソ連ではスターリンが政権を掌握し、スペインでは内乱が勃発するなど、国家全体主義、独裁政治が世界を覆いつつある時代であった。そのような時代において、マルクスの作り上げた理論が非現実的なものと見てとったシモーヌ・ヴェイユの、その若さならではの情熱や積み上げた知性の全てをつぎ込んだ論考であるといえる。
    ただ、その若さが全面に出過ぎているきらいもあり、そこかしこにシニカルな文章が見られたり、若さに似合わずモノの見方が非常に現実的で辛い論理を展開しているかと思いきや、試論という形で理想を語るような矛盾があるなど、情熱と理論の整合性がいまひとつ制御できていない面もあると思われる。

    まず本書はマルクス主義の批判から始まる。なぜ生産力が無制限に発展していくことを前提に革命構想を描くのか、そのような発展が確実であると論証してはいないではないか、また発展による労働の解放が国家的抑圧をも消失させると考えるのも根拠がまるでない、と徹底的に指弾する。そして、生産段階のさまざまなレベルで特権が存在し特権が権力となり抑圧を発生させるとした上で、権力を支配者と被支配者の関係で分析し、権力の限定/限界は必ず存在して、それに達するや反作用を生み出すが、それは抑圧の解放ではなく新たな権力を生み出すだけだとして、目前の権力の打倒は抑圧の解放には結びつかないとする。
    そしてマルクス主義の理論を土台に彼女なりの理論を展開し、夢のエネルギー源などは存在せず、また、労働の自動化がある程度実現するにせよ、いづれ到達する調整費等の増大により決して労働力は軽減されず、社会的な抑圧は解消されない。その抑圧に対抗するには、「自由な人びとのあいだを自由に流れていく生、過酷で危険だが友愛にみちた環境のなかで遂行される身体的労役で覆いつくされた生」をめざすべきとした上で、熟練職人のごとく自らの思考と理性を働かせて労働に従事すべし、と説くのである。すなわち、「集団(=組織とその権力)に個人が従属することの抵抗は、まずみずからの運命を歴史の奔流にしたがわせることへの拒否」る決意からはじまり、そのことにより精神と宇宙(=自然)との原初的な結びつきをやり直すことができるだと。

    振り返って自分も社会人に成りたての頃は、シモーヌ・ヴェイユのような大義や理論はないものの、「自由な労働とは」をテーマに漠然とこのようなことも考えていたような気がする。
    しかし、年月を経て仕事量のあまりの多さに仕事に流され、毎度の思考を止めにして、ルーチン作業に身を任すようなこともしばしばとなってしまっている。そのくらい、自由を獲得するための毎度の思考は精神的な負担が大きいものなのだ。その意味で、シモーヌ・ヴェイユの考えた生産現場の理想(あるいは時代的な差異もあるだろうが)に耐え得る人間などそうそういるものではないようにも思えてくる。
    本書を真正面から受け止めて読んでいると、その取り組みとは裏腹に、かくも社会的な抑圧から自由になることのハードルの高さを逆に実感した次第である。(笑)
    ただ、彼女が格調高く情熱的に訴える社会的抑圧に対する「自由」への希求は、これからも常にわれわれに真摯に問いかけてくるテーマであるといえるだろう。

  • フランスを代表する思想家ヴェイユによるマルクス主義批判。若書きゆえの荒削りな部分はあるものの、批判内容はとても説得力があり興味深く読めた。機会があれば、他の著作も読んでみたいと思う。

  • カテゴリ:教員著作物
    哲学科:冨原眞弓教授の著作物

  • 大学で専門の講義を受けて以来ヴェイユは個人的に好きです。ただ、結構読みにくい。『自由と社会的抑圧』はまだ読みやすいかなと思ってました。

    そんなことなくてやっぱり読みにくかったんですけれど。本文読むより解説の方が分かりやすかったんですけど。

    しかも、話の筋が見えづらく、話の飛び方も突飛。内容にしたって難しく言っているようで浮ついている感がします。「労働」という言葉一つとっても、実際働いた時の実感みたいなものより、「あたしの考えた労働ってやつ(?)」という感じ、より正確に言えば、「マルクスの本のタームで出て来る『労働』」という把握を超えていない。
    有り体に言えば、単に哲学科出の、左翼運動に熱心な、若者が書いた文章だってはっきり分る文章。いやむしろ、翻訳の序の部分だけ一字一句抜き取って、ヴェイユの名前は伏せた上で何も知らない日本人に、「これ、最近出て来た左翼系の若手新人が書いた文章なんだけど」って言って渡せばそのまま通っちゃうかもしれない、そんな文章です。

    いや、学校出たばっかの当時25歳(今の私と同い年!)、工場で「働く前に書いた文章」ですから。青いっちゃあ、青いんですよ。そう言っちゃうと、身も蓋もないじゃないですか。ヴェイユの偉いと思うのは、哲学科を出て「労働の哲学」とも言えるこの労作を書き上げた後で、ちゃんと「労働の現場」に出て自らの考えを試したことです。観念で終わらせずに身を持って検証したのね。後の作品を考えれば、工場という「労働を考える上でのフィールドワークに出た」とも言えますが。

    この時この段階のヴェイユの思想については何とも言えません。エネルギー問題の話なんか、ともすればそっくりそのまま現代の脱原発論者がデジャビュしちゃったんですが。とはいえ、わりかし分量を多く割いて書かれているのは「マルクス主義批判」です。マルクスの著作をまだ読めてないので私はそうなのかー、としかまだ反応できかねます。マルクス主義批判がスタートになっていると考えれば、ヴェイユの思想の全体像を知る手がかりにはなるかな、と思った程度。

  • 『重力と恩寵』『工場日記』で断片的なノートを読んだので、次は纏まった著作を読みたいと思って購入。
    当時の社会情勢と、ヴェイユが何を考え、何を理想としたのかが興味深い論文だった。運動家として書かれたものだと思うが、やっぱりイメージとしては哲学者っぽいなぁ……。

  • マルクス批判が出てくる辺り、読んでいて小気味いい。
    言われてみればそうに決まってるアタリマエのことというのを書いている本というのは読めば簡単だが、書こうと思うと思いつかず、難しいものだ。
    読んでいるとちょこちょこ女性が書いたんだなぁと思うような暴力に対する嫌悪が見え隠れする。

  • マルクスだったり社会主義を批判しつつも、ヴェイユは平等をこの本で強く訴えるように感じかなぁ・・・!まだヴェイユのことはよく分からないし、批判の対象になったマルクスのこともよく分からないけど、漠然とヴェイユは好きかも!

  • ○概要:根拠無くして無限大の進歩を信奉した近代科学・産業至上主義とマルクス思想に対する批判を中心に、人間に対する外的抑圧の歴史や要因の分析、また単なる"夢想"に留まらない、"理想"的な自由の定義の探求を行う。

  • 2012/11/11購入

  • 自由と矛盾しない社会組織のための試論。叩き台として(当時の一般的な)マルクス主義が批判される。やや粗削りながらも、情熱的で説得力のある好著。個人的にはあまりヴェイユの「自由」の理念に納得できないけれど…

全18件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1909-43。激動の時代を34年の生を通して駆け抜けたユダヤ系女性フランス人哲学者。主要著書『重力と恩寵』、『前キリスト教的直観』、『神を待ちのぞむ』など。

「2019年 『神を待ちのぞむ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シモーヌ・ヴェイユの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
三島 由紀夫
エーリッヒ・フロ...
J・モーティマー...
ヴィクトール・E...
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

自由と社会的抑圧 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする