啓蒙の弁証法―哲学的断想 (岩波文庫)

制作 : Max Horkheimer  Theodor W. Adorno  徳永 恂 
  • 岩波書店
3.78
  • (13)
  • (11)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :303
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・本 (549ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003369210

作品紹介・あらすじ

フランクフルト学派の名著。亡命先のアメリカで書かれた。西欧文明の根本的自己批判として名高い。"啓蒙"の光と闇を理論的軸にオデュッセイア論・サド論で具体的に神話の寓意や道徳の根拠を検証。米国大衆文化や反ユダヤ主義批判によって近代の傷口を暴き現代の課題を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 備忘録

    佐藤優
    文化エリート重視、
    啓蒙的な理性が発展して行くにもかかわらず
    なぜナチズムが生まれてきたのか

  • 序文と第Ⅰ章「啓蒙の概念」のみ読んだ。原文もそうなのか訳文がそうなのかわからないが、一文一文に内容がつめこまれており、意味を理解するのに時間がかかる。言わんとすることはわからなくないが、筋の追いにくい部分も多々あり疲れた。フランクフルト学派の雰囲気に触れた気分にはなれた。

  • -

  • <閲覧スタッフより>

    --------------------------------------
    所在記号:文庫||134.9||ホマ
    資料番号:10178161
    --------------------------------------

  • 古書店にて3年以上前に購入。アドルノ単著の『否定弁証法』だけ知っていたが、ホルクハイマーに至ってはその名前すら知らず。当時のアメリカ大衆文化や反ユダヤ主義といった紋切り型はさて措き、ヘーゲルすらろくに読んでないのに、いきなりこれというのも我ながら無理がある。それでもⅡのセイレーンの件(のび太の魔界大冒険!)や「誰でもない者(ウーディス)」に関する考察は知的興奮を覚えたし、Ⅵは宛ら20世紀版ニーチェといった趣。そしてⅢの最終頁は、全文引用したくなるほどに感動的なサド及びニーチェへの賛美となっている。

  • 真の人間的状態に踏み入るためには、新たな野蛮を伴う可能性を示唆している。
    近代が追い求めたものの帰結は様々ある。そして、その中で野蛮なものもきりがなく挙げられる。神を殺したのはニーチェかもしれないが、理性を殺しにかかったのはアドルノたちだ。

  • [ 内容 ]
    フランクフルト学派の名著。
    亡命先のアメリカで書かれた。
    西欧文明の根本的自己批判として名高い。
    “啓蒙”の光と闇を理論的軸にオデュッセイア論・サド論で具体的に神話の寓意や道徳の根拠を検証。
    米国大衆文化や反ユダヤ主義批判によって近代の傷口を暴き現代の課題を示す。

    [ 目次 ]
    1 啓蒙の概念
    2 オデュッセウスあるいは神話と啓蒙
    3 ジュリエットあるいは啓蒙と道徳
    4 文化産業―大衆欺瞞としての啓蒙
    5 反ユダヤ主義の諸要素―啓蒙の限界
    6 手記と草案

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 1944年刊、ナチスからアメリカに亡命したホルクハイマーとアドルノの著作であり、基本的に人類を恐怖から解放するはずだった「啓蒙」の非人間性を指摘した本であり、「なぜに人類は真に人間的な状態に踏み入っていく代りに、一種の新たな野蛮状態へ落ち込んでいくのか」という問題を扱っている。「崩壊史観」と言われるだけあって、その内容は陰鬱で救いはあまり扱われていない。第一章「啓蒙の概念」は総論であり、自然を支配しようとしてきた「理性」の展開としての「啓蒙」が人間を「操作の対象」として非人間化したことを論じている。第二章「オデュセウスあるいは神話と啓蒙」には、遠くホメロスの描くオデュセウスにすでに近代的市民の原型をみて、巨人やセイレーンなどの「自然」をオデュセウスが狡知をつかって、征服していると解釈している。第三章「ジュリエットあるは啓蒙と道徳」は、カントの厳格な倫理思想と、サド『悪徳の栄え』にでてくる犯罪の天才ジュリエットが、両者とも理性的に自然を支配し、キリスト教などの伝統を破壊する点では同じであったことを指摘している。第四章「文化産業」はアメリカの映画産業やナチのラジオ利用などが人間を対象化している様子をのべている。ナチから亡命してきたホルクハイマーらが、陣営を越えて現代社会を批判したものである。メディアを様式・娯楽・アイドル・カリスマなどの視点から分析している。第五章は「反ユダヤ主義の諸要素」であり、ファシズムのユダヤ人虐殺、民衆運動、指導者、労働観、民族主義、投影作用、自由主義などの観点から分析されている。第六章は「手記と草案」、三十程度の断章をあつめたものであり、肉体観・犯罪・動物観・女性観などが考察されている。全体的に理論的な話が多く、調査や証明などが行われているわけではないので、ほんとうに現代人がこのように芯から経済的・産業的な存在になりきってしまい、権力に操作されるだけの存在なのかという問題は残るだろう。だが、全体主義が悪辣に人間性を利用し、また産業的な人間がそうした全体主義に無力であったこと、そして、理想であった「啓蒙の歴史」全体が人間から人間性をうばっている内容はよく分かるものである。この問題は、IT礼賛の現代にも該当し、示唆に富む。アレントの『人間の条件』も読みにくいが、この本よりは議論の見通しはよいと感じた。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    文庫&新書百冊(佐藤優選)116
    思想・哲学・宗教

全24件中 1 - 10件を表示

啓蒙の弁証法―哲学的断想 (岩波文庫)のその他の作品

アドルノの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
ミシェル・フーコ...
ジークムント フ...
ミシェル・フーコ...
ヴィクトール・E...
マックス ウェー...
ミシェル・フーコ...
オルテガ・イ ガ...
フランツ・カフカ
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

啓蒙の弁証法―哲学的断想 (岩波文庫)に関連するまとめ

啓蒙の弁証法―哲学的断想 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする