懺悔道としての哲学――田辺元哲学選II (岩波文庫)

著者 :
制作 : 藤田 正勝 
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003369425

作品紹介・あらすじ

田辺宗教哲学の代表作である『懺悔道としての哲学』と、関連論文三篇を収録。戦争中に自らの哲学の無力を痛感した田辺は、同一性の立場にとどまる哲学を否定、「哲学ならぬ哲学」を追求する。その思索は、Metanoetik-理性の哲学を超えるもの-としての「懺悔道」の哲学として結実する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 岩波文庫:青 080/I
    資料ID 2010200652

  • 「種の論理」から一転。今度はいきなり親鸞である。この大転換は凄い。太平洋戦争で自己の哲学の無力さ、社会に対し何か言いたいけど言えないという挫折感から、田辺元はいきなり「自己否定」の懺悔道に入る。
    しかも絶対的な自己否定から肯定へと転回もするらしい。このへんはやはり「止揚」の論理学への執着か。
    こういう自己否定を見ると、時代背景とあわせて「敗者の論理だ」とか「敗北史観」とか、近頃の右傾化したしったかぶり論者は言うのかもしれない。
    しかし田辺元は戦争勝者であろうと、どこの国であろうと、懺悔は必要だとしており、もっと普遍的な理念であるようだ。

    徹底的な自己否定、という点ではおおいに私に興味深かったが、本文ではあいかわらず絶対媒介だのという「論理」にこだわりまくっていた。実は「懺悔道としての哲学」の序文がわかりやすい上に、内容をよく要約していて、よかった。

全2件中 1 - 2件を表示

田辺元の作品

懺悔道としての哲学――田辺元哲学選II (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする