統辞理論の諸相――方法論序説 (岩波文庫)

制作 : 福井 直樹  辻子 美保子 
  • 岩波書店
2.80
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003369524

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いわずとしれた名著。生成文法の基本概念について書かれたChomsky 1965の第1章は比較的読みやすいといわれるが、やはりある程度、言語学の知識が要求される。訳者解説によって時代的背景などはある程度補われるが、専門的な用語には訳注を付してもよかったのではないか。

  • チョムスキー言語学の総論。議論が多岐にわたるほか、総論だけに抽象的で焦点が見えなかった。

  • 半分以上が解説である。言葉がどのように訳されているかを知りたいために読んだ。

  • 出版社による紹介:
    https://www.iwanami.co.jp/book/b280256.html

  • 著者:チョムスキー
    訳者:福井直樹,辻子美保子
    通し番号 青695-2
    ジャンル 岩波文庫 > 青(哲学・教育・宗教)
    刊行日 2017/02/16
    ISBN 9784003369524
    Cコード 0180
    体裁 文庫・並製・カバー・240頁
    定価 本体780円+税
    在庫 在庫あり
    https://www.iwanami.co.jp/book/b280256.html



    岩波文庫版への序文
    五十周年記念版への序文
    序文

    1 言語能力の理論としての生成文法
    2 言語運用の理論をめざして
    3 生成文法の構成
    4 文法の正当化
    5 形式的普遍性と実質的普遍性
    6 記述理論および説明理論についての補説
    7 評価手続について
    8 言語理論と言語学習
    9 生成力とその言語学的意義


    訳者解説
    訳者あとがき
    参考文献
    事項索引・人名索引

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする