言語変化という問題――共時態、通時態、歴史 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 田中 克彦 
  • 岩波書店
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003369616

作品紹介・あらすじ

「言語変化は諸言語の歴史におけることばの創造性の表れである」-コセリウ(1921‐2002)は、変化すること自体が言語の本質であり、変化することによって言語は言語であり続けると喝破した。ソシュールに始まる脱歴史の「科学主義」によって硬直した言語学を解放に導く挑戦の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  邦訳タイトルから言って、長い年月によって言語の使用法や綴り・発声等が変化していくということについての、言語学的な専門的な書物かと思っていたが、読んでみると様子が違った。
     著者コセリウも本書は「『言語変化』について解説するのではなく、『言語変化という問題』について追究する」のだと宣言している。
     ソシュールの言語学は、言語学の歴史学的な記述の部分をとりあえず削ぎ落とした上で、共時態における言語(ラング)-パロールの関係性の構造を探索した。そこではもっぱら、ラングは不変の実体であるかのように語られており、そうした分析がローマン・ヤコブソンを経由してレヴィ=ストロースに到達し、「構造主義」が誕生したことは間違いない。
     コセリウはここで、その「ラング」なる「実体」の虚像を暴き、それがパロールの外には存在せず、個々人のパロールそのものにある、と反論する。
     この部分の論述はめざましく、確かにそうだと思わせる迫力があって、大変感銘を受けた。
     個人のパロールはしばしば創造行為であり、これまで語られなかった新しいものをも語ろうとする。そこで新たな意味やニュアンス、あるいは新たな語形などが生まれてくる。
     誕生した新たな語法は。知的に判定されて「採用」の有無が決定される。
     パロール(それは個人と他者、個人と社会の「あいだ」にあるものだ)の総体をラングとするならば、ラングとは、常に変化し続けるものに他ならない。
     こうした解釈は、読んでいるとシステム論に結びつけられそうな気がしたが、コセリウ自身にはそういうつもりは全く無いようだ。
     著者の論述は極めて論理的で鋭く筋が通っており、深い思索のあとが窺える。
     じっさいの言語変化について具体的に、専門的に記述されているのは2,3章に過ぎず、ほとんどは上記のような言語「哲学」的考察にあてられている。そして、本書は、哲学書としても素晴らしい本だと思う。
     本書で説かれた「パロール」の様態に関しては、個人的に大いに示唆される部分があった。
     このタイトルからは想像もつかないような、哲学的に重要な書物である。

  • 原題:SINCRONÍA, DIACRONÍA E HISTORIA: el problema del cambio lingüístico
    著者:Coseriu, Eugenio (1921-2002)
    訳者:田中克彦

    ■青696-1
    ■体裁=文庫判・並製・カバー・430頁
    ■定価(本体 1,020円 + 税)
    ■2014年11月14日
    ■ISBN 9784003369616

    「言語変化は諸言語の歴史におけることばの創造性の表れである」――コセリウは,変化すること自体が言語の本質であり,変化することによって言語は言語であり続けると喝破した.音韻論とソシュールに始まる「科学主義」によって硬直した言語学を解放に導く挑戦の書.
    http://www.iwanami.co.jp/hensyu/science/index.html


    【簡易目次】
    第1章 言語が変化するというあきらかな逆説。抽象的言語とその投影
    第2章 抽象的言語と具体的言語。歴史的に限定された「話す能力」としての言語。言語変化の三つの問題
    第3章 変化の合理性。改新と採用。音韻法則
    第4章 変化の一般的条件。体系的な決定要因と体系外的な決定要因。言語の伝統の安定性と不安定性
    第5章 歴史的問題としての言語変化。「発生的」説明の意味と限界
    第6章 原因による説明と結果による説明。言語変化に対する通時的構造主義のたちば。「目的論」的解釈の意味
    第7章 共時態、通時態、歴史

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
戸田山 和久
バートランド ラ...
バルガス=リョサ
マルセル・モース
ウンベルト エー...
ジャレド・ダイア...
ルートウィヒ・ウ...
有効な右矢印 無効な右矢印

言語変化という問題――共時態、通時態、歴史 (岩波文庫)はこんな本です

言語変化という問題――共時態、通時態、歴史 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする