天体の回転について (岩波文庫 青 905-1)

制作 : 矢島 祐利 
  • 岩波書店 (1953年5月5日発売)
3.53
  • (3)
  • (3)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :56
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003390511

天体の回転について (岩波文庫 青 905-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新書文庫

  • 読了。今年31冊目。
    コペルニクス著『天体の回転について』です。プトレマイオス的世界観〈天動説〉を否定し、〈地動説〉を打ち出した革新的な書物。それでも当時はまだ地球を含む惑星の公転軌道は真円と考えられており、その理由も「天は完全なるものであるから」と言った具合で思弁的な感は否めない。実に興味深いです。

  • 展示中 2014.9~

  • 最晩年に地動説の公表を決意した。その初版本は、彼の死の床に届けられた。

  • 復刊していたので、つい購入して再読。
    本文はもちろん、解説が面白い。特に、当時までの天体に対する認識の遍歴が興味深かった。

全6件中 1 - 6件を表示

コペルニクスの作品

天体の回転について (岩波文庫 青 905-1)に関連する談話室の質問

ツイートする