ビーグル号航海記 中 (岩波文庫 青 912-2)

制作 : 島地 威雄 
  • 岩波書店
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003391228

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 調査の旅はパタゴニアから荒れ果てたフォークランド諸島、マゼラン海峡を経てチリへ。途中大地震に遭遇し大災害の爪痕を目の当たりにします。航海中でももっとも記憶に残る出来事となったようです。火山活動も観測し、地形変動への影響を考察しています。このころはまだプレートテクトニクス説が体系化される100年以上も前であり、海底の隆起に関しての原動力までは解明されていない時代ですが、山頂で海底の痕跡を観測して、先入観なく記録していることはやはりすごいことです。常識にとらわれない考え方こそ重要。年をとってくると経験が邪魔をしてなかなか難しくなるところ。このような感性を保ち続けたいものです。

  •  

     
    (20141231)
     

  •  現在の地震年表に記載されているM8.4のコンセプシオン沖地震。ヨーロッパ人にとっての巨大地震は、尋常ではなかったと思います。
     これと同じものがイギリスで起きたら、国家は即座に破産するであろう、と冷静な分析はさすがです。
     ネットで有名なヤーガン族の生活の様子が、意外にまともことに少しがっかりしました。

  • 注目はチリの地震と津波の被害についての記述。偏りのない学者としての目が、当時の地震がどれほどのものなのかを教えてくれる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin)
1809年2月12日 - 1882年4月19日
イギリスの自然科学者。ビーグル号による航海で訪れたガラパゴス諸島での観察に着想を得て「自然淘汰」による進化論を提唱。代表作は、『種の起源』、『ビーグル号航海記』、および『人間の由来』。

チャールズ・ダーウィンの作品

ツイートする