ニールス・ボーア論文集〈1〉因果性と相補性 (岩波文庫)

制作 : 山本 義隆  山本 義隆  Niels Bohr 
  • 岩波書店 (1999年4月16日発売)
3.18
  • (1)
  • (0)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :59
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003394014

作品紹介

原子構造の解明から量子力学の形成と発展、原子核研究の開拓、核分裂の理論的解明と、20世紀物理学をリードしてきたニールス・ボーア(1885‐1962)による量子力学の基礎づけと解釈をめぐる論文集。ボーアの理論と哲学は、アインシュタインとの論争、多くの物理学者たちとの議論のなかで、形づくられ練りあげられていった。

ニールス・ボーア論文集〈1〉因果性と相補性 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本棚の飾りと化している未読本。購入詳細不明。
    2013/11/16〜12/20

    永遠に飾りにしておくのは何なので意を決して読む。有名なボーアとアインシュタイン論争関係の著作がまとめられている。が、やはり難しい。少なくとも、通勤電車内で読む内容ではなかったな。
    二巻も飾りとして購入してあるが、そのうち気が向いたら読んでみよう。

  • ¥105

全2件中 1 - 2件を表示

ニールス・ボーアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チャールズ ダー...
ウィトゲンシュタ...
マックス ヴェー...
キェルケゴール
A. アインシュ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ニールス・ボーア論文集〈1〉因果性と相補性 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする