法と国家 (岩波文庫 白 8-1)

制作 : 堀 真琴 
  • 岩波書店 (1935年9月15日発売)
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 10人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003400814

作品紹介

原タイトル: The law and the state

法と国家 (岩波文庫 白 8-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フランスの著名な公法学者L. デュギーの英語論文の邦訳。全体を通してのテーゼは、「個人主義的・形而上学的国家理論」は個人の権利を保障することには役に立たず、「実在論的国家観」に取って代わられなければならない、というもの。そのためにデュギーは、ルソー、カント、ヘーゲル、ラーバント、イェリネックといった人々がまず形而上学的国家理論、すなわち絶対的主権を国家の特徴とするものとして批判される。それからデュギーは、実在論的国家観の系譜をドイツとフランスの思想の中に見いだしていくことになる。主権概念に対する強力な批判を提示しているという点で、今でも一読する価値があると思われる良書。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

法と国家 (岩波文庫 白 8-1)はこんな本です

法と国家 (岩波文庫 白 8-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする