デモクラシーの本質と価値 (岩波文庫)

制作 : Hans Kelsen  西島 芳二 
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003401613

作品紹介・あらすじ

本来法学者であるケルゼンが政治学、社会学の領域にも思考を拡げてデモクラシーの本質と価値を論じた代表作。デモクラシーとは、「自由」を最大限に実現しようとする要請から発した国家形式であるとして、絶対主義的世界観を基盤とする独裁主義国家形式と対決しようとするその論理は極めて明快であり、今なお示唆に富む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短い本だけど、良書。

  • マックス・ヴェーバーの「職業としての政治」も政治家や政治を学ぶことを志す人は読むべきであるが、この「デモクラシーの本質と価値」も読まれるべきであると考える。命令委任と自由委任のこと(命令委任は身分制議会においてでの話)、議員の免責特権のこと(これは行政権を行使する国王の横暴から勝ち取ったもの)、また特筆すべきは、ケルゼンはここで比例代表制を支持していることだ。これは選挙において勝ち負けがないこと、小選挙区は勝ち負けの要素が大きく、その区割りを決めるにあたって偶然の要素が大きくなること、また小党分立の有害さは、これは「大同小異」の要素を国民の間から議会に持ち込むだけであることで、大したことではないという(よく挙げられるワイマール共和政は、大統領に非常大権が認められていたことが問題であると思うが。)。また行政国家現象も、これは民主国家を補完するものとして顕れるであろう、とする(すくなくとも日本には当てはまらないだろうが)。民主主義には指導者が適応していることも、プラトンの「国家篇」を引用し確認している。
    また最後に、ナザレ人イエスが処刑されることを、民主主義の悲劇として語っている。これは皮肉なのか、キリスト教に対する非難なのかは、推し測り難いが。

  • 法学の大家ハンス・ケルゼンが、アウトクラシーに対しデモクラシーを擁護し、その理念を明らかにしつつ現実にはいかなる政治が行われるべきか、ということを考察した著作。リベラル・デモクラシーの理念と現実を考察する上で、今日なお示唆にとんだ指摘を数多くしている。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ハンス・ケルゼン(Hanas Kelsen):1881年プラハ生まれ、1919年ウィーン大学教授、1930年ケルン大学教授、1940年アメリカ移住、カルフォルニア大学(バークレー校)教授、1973年没。長谷川 正国:1946年千葉県佐倉市生まれ、1981年早稲田大学法学研究科博士課程満期退学、現在、福岡大学法学部教授。

「2016年 『国際法原理論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハンス・ケルゼンの作品

デモクラシーの本質と価値 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする