モーゲンソー 国際政治(上)――権力と平和 (岩波文庫)

制作 : 原 彬久 
  • 岩波書店
3.90
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003402818

作品紹介・あらすじ

国際政治学は「モーゲンソーとの対話」の歴史である。あるがままの人間を観察すれば、政治はつねに権力闘争である、という命題に行きつく。人間性についての怜悧な仮説に基づくハンス・J・モーゲンソー(1904‐80)の現実主義とは何か。国家の外交に「力」と「国益」という概念を導入してこそ平和が得られる、と主張した国際政治学の古典的名著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 政治の本質とは何かを詳細に説く。
    政治の「正しい」入門書といって過言でない名著。
    上中下巻構成と大部だが、非常に読みやすく、政治を考察する上での基本的な視座を獲得できる。

    最新版の発行(1986年)からも既に30年以上経つが、本書の分析と今日の国内・国際政治状況とを照らし見るのも面白い。

  • 東2法経図・6F指定 319A/Mo44k/Muranushi

  • [力は世界に踊る]国際社会を動かす要素を「権力」や「力」、そして「国益」や「利益」として捉え、リアリズム的な理論を徹底して追求した国際政治学の古典的作品。幅広いテーマを扱いながら、国際社会とそれを構成する国家や人間の本質を鋭く抉っていきます。著者は、国務省顧問なども歴任し、現実と理論の間に橋をかけた生涯を過ごしたハンス・モーゲンソー。監訳は、日本外交史を専門とされる原彬久。原題は、『Politics among Nations: The Struggle for Power and Peace』。


    徹底して現実を見つめ、そこから目を離すことのなかった人物だからこそ執筆できた一冊だと思いますし、それが本質を突いているが故に、本書が時の試練に耐えて今なお読み継がれているのだと実感しました。国際政治や外交に興味のある方には、分厚いながらも手にとって損はない読書体験かと。

    〜国際政治とは、他のあらゆる政治と同様に、権力闘争である。〜

    ずいぶん前に読んだ記憶がありますが☆5つ
    (注:本レビューは全3巻を通してのものです。)

  • 軍備競争を終わらせることは、人道的、政治的、経済的理由から望ましいものだと広く考えられている。しかし、世界の政治的条件が軍縮を不可能にするということは過去20年間の経験から明らかである。

    国際政治の観察者が力を計算する際に避けることのできない誤りを最小限に抑えるために必要なものは、創造的な構想力。この構想力はその時の支配的な力がきわめて容易に生み出す魅力に惑わされないことである、歴史の不可避的な動向という迷信から自由になることであり、歴史の胴体によって生じる変化の可能性を受け入れることである。

  • 再読の価値があります。

  • 大学時代お世話になった教授の、『国際関係は人間関係』という言葉が折に触れて想起させられた。オバマ政権のシリア攻撃の意図がどんな正統性も持ちえないことを改めて確認できた。次巻以降も楽しみにしてます。

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2013200118

全9件中 1 - 9件を表示

モーゲンソー 国際政治(上)――権力と平和 (岩波文庫)のその他の作品

モーゲンソーの作品

モーゲンソー 国際政治(上)――権力と平和 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする