第二次世界大戦外交史(上) (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 69
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003403112

作品紹介・あらすじ

第二次世界大戦下、世界各国が展開した外交の全貌を、厖大な資料を渉猟、駆使しつつ鋭い視点から描いた一大記録。政治家にして学究であった芦田均(1887‐1959)が、後代の日本外交へ向けて憂国の思いを込めた畢生の警世の書でもある。上巻には、ドイツのポーランド侵攻による欧洲での開戦から、日米開戦直前までを収める。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • のちに 内閣総理大臣になった 芦田均 の第二次世界大戦の記録簿。チャーチルの第二次世界大戦記より わかりやすい

    初読で 理解できた テーマは
    *第二次世界大戦時の世界と日本の関係性
    *軍部の暴走、統帥権の濫用
    *政党と世論の無力さ
    *降伏に至る経緯

    上巻は 1939年9月 ドイツのポーランド侵攻(第二次世界大戦勃発)から 1941年(昭和16年)11月 ハルノートを受けて 東條内閣の日米開戦論へ。



  • 209.74||As||1

全3件中 1 - 3件を表示

芦田均の作品

第二次世界大戦外交史(上) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする