国富論 1 (岩波文庫 白105-1)

  • 岩波書店
3.38
  • (9)
  • (16)
  • (34)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 469
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003410516

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 現代では常識的なマクロ経済の知識を、18世紀時点での産業構造をベースに解説している。

    「労働は全ての価値の源泉である」
    シンプルだけれど今も昔も変わらない原則を力強く訴えかけてきた。

  • 遂に読むことができた。経済学を勉強しながらも未だに読んだことなかったので、教養のために読みたかった一冊(実際は計4冊から構成されているので、まだ1/4)
    最初は長編だし、訳が不自然だったので読む気が起きなかったけれど、内容が実用的で、分かりやすいためあっという間に読めた。
    経済学や社会常識では当たり前のことなんだけれども、特に以下の点について理解ができた
    ・貨幣ができた背景
    ・需要と供給が最適な一点に収束する理由
    ・賃金と労働力の関係
    ・なぜ弁護士は給料が高いのか
    ・自由競争と職業組合の対立

    ちなみに雑学的なことも学べた
    ・18世紀頃からじゃがいもがイギリスで主食として流行ったのは、それまで主食であった小麦よりも生産性が高かったから。
    ・ユニバーシティの語源はラテン語の組合→18世紀頃はある職業に就くためには組合で一定期間訓練する必要があった

  • 大昔の本なんだけど、物事の考え方がとても合理的で、納得しながら読んだ。

    社会に、より良い秩序をつくるためには、個々人の善意や、道徳や良識などに期待するよりも、市場という一定のルールのもとで、個々人の「欲望」や「利己心」に任せたほうが、ずっと上手くいく、という考え方。

    この考え方こそ、オレが子どもの頃から漠然と思っていたことに近い。
    オレの言葉で言い代えれば、「欲望や利己心は、本能に基づくもので、とても強力なものだから、社会的に後付けされた善意や道徳よりも、より大きな力をもっている」ということだ。

    この力こそが、市場を形作る。
    ここでこそシュムペーターのいう創造的破壊も起こるし、様々なイノベーションが生まれ得る。
    計画経済や、フランスのような一握りのエリート官僚による計算された経済よりも、有象無象がそれぞれの欲望や嗜好性に基づいて多種多様なアイディアをぶつけあって市場で競争した方が、より合理的で豊かな市場が形成される。
    ただし、市場メカニズムが万全でないことは歴史が証明している通りであり、アメリカの金融市場のように、歯止めがきかない欲望が暴走したときは恐慌が起こる。
    政府がそれを調整する必要があるのは当たり前のこと。
    スミスの基本的な考え方には、今でも影響を受けてる。

    昔、イギリスからスコットランドへスコッチウィスキー飲みながら北上していったとき、グラスゴーを通ったので「あ、アダム・スミスが教えていた大学だ」と思って、わざわざグラスゴー大学に立ち寄った。
    ちょうど経済学の学会が開かれてた。

  • 原点

  • 関西外大図書館OPACのURLはこちら↓
    https://opac1.kansaigaidai.ac.jp/webopac/BB00107654

  • ◆3/7オンライン企画「その相談、あの本なら、こう言うね。F/哲学の劇場」で紹介されています。
    https://www.youtube.com/watch?v=1K0qT4_6lEk
    本の詳細
    https://www.iwanami.co.jp/book/b248528.html

  • ブックオフ 2019/05/22

  • 諦めました。難しい。

  • 「財産の大小はこの力の度合い、すなわちその財産によって購買または支配できる他人の労働の量、あるいは同じことであるが他人の労働の生産物の量に比例する」

    「労働こそ最初の価格」

    自分の労働と他人の労働で
    生まれた生産物を交換する。

    お金はその為の便利な手段。

    どうせなら、好きで得意なことで生産したい。

  • 読みにくい印象をうけた。日経新聞が出版している人の本の方が、頭にスッと入ってきた。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アダム・スミス

一七二三-九〇年。イギリスの経済学者。古典派経済学の祖。スコットランドの港町カコーディ生まれ。グラスゴー大学に学び、道徳哲学者F・ハチソンの影響を受けた。オックスフォード大学中退。グラスゴー大学の倫理学教授、道徳哲学教授を経て、同大学総長に選任された。著書に『道徳感情論』がある。


大河内一男

一九〇五年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業。東大教授、同総長を経て、東大名誉教授。日本学士院会員。経済学博士。アダム・スミスの会会長。社会思想史・労働問題専攻。『著作集』(全五巻)など著編訳書が多数ある。八四年没。

「2020年 『国富論Ⅲ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アダム・スミスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
フランツ・カフカ
マックス ヴェー...
クラウゼヴィッツ
デールカーネギ...
デールカーネギ...
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×