道徳感情論〈上〉 (岩波文庫)

制作 : Adam Smith  水田 洋 
  • 岩波書店 (2003年2月14日発売)
3.61
  • (4)
  • (13)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
  • 180人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003410561

作品紹介

人間がいかに利己的であろうとも-著者はこう書きおこして、近代社会において、自由で平等な利己的個人の平和的共存が、権力の介入なしにどのように可能か、を追求する。一八世紀イギリスの経済学者アダム・スミスの、『国富論』と並ぶ代表的著作。

道徳感情論〈上〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アダム・スミスの主著。
    読み始めたが、かなりまどろっこしいひょげんに辟易。
    しかし、これが総論で、「国富論」は各論なので、頑張って読書中です!

  • こちらに切り替えて読み進めています。
    相変わらず水田訳は難しい。

  • 「神の見えざる手」のアダム・スミスが人間の共感能力をもとに様々な倫理や徳の基礎付けを行った名著です。「見えざる手」による均衡価格(需給均衡)の理論とも通じる動的なシステム思考が展開されていてとってもエキサイティング!この夏古典にチャレンジしたいあなたにオススメです♪岩波さんはいつもいい仕事してますね~。

  • 『国富論』の訳者がこれを読まないと正しく『国富論』を理解できないと書いてあったので、借りて同時進行で読んだ。

    こっちはこっちでとても面白い。
    哲学書って訳ではないのかな?
    読みやすい。
    ネットのない時代に、とても勉強されていて、それがとても分かりやすいし、哲学書なんかよりもずっと入ってくる。
    あの時代の考えらしい展開もあれば、とても進歩的な考えもありで、至極感心しました。
    怖がってないで、もっと早くアダム・スミスに手を出せばよかったと後悔ひとしお。

    気になるとすれば、「われわれ」「かれら」「かれ」「それら」「それ」が分かりづらい。まぁ、翻訳上しょうがないよね。
    下巻もすぐに読みたいけど、予約本が続々順番が来てしまったので、しばし間をおきます。


    ありがとう、アダム・スミス。

    (H24,6 図)

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4003410564
    ── Smith, Adam/水田 洋・訳《道徳感情論〈上〉1759-20030214 岩波文庫》
    http://q.hatena.ne.jp/1200599977#a795652
     

  • 普通に生活していると、なぜ起こってくるのか自分では説明できない感情がよく起こります。それを説明するべく本書にすがったわけです。大概の疑問についてはうまく説明してくれていますが、その疑問の必要性については答えてくれていません。確かにアダムスミスの言うとおりかもしれない。が、それを言葉で説明する意味はあるのか?ということです。まどろっこしい言い方になりますが、僕はあると思います。

全6件中 1 - 6件を表示

アダム・スミスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ニッコロ マキア...
三島 由紀夫
マックス ウェー...
オルテガ・イ ガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

道徳感情論〈上〉 (岩波文庫)に関連するまとめ

道徳感情論〈上〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする