法学講義 (岩波文庫)

制作 : 水田 洋 
  • 岩波書店
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003410585

作品紹介・あらすじ

アダム・スミスが1763年頃、グラーズゴウ大学の道徳哲学教授として行った法学講義の筆記録。彼は1759年に刊行した『道徳感情論』の末尾で、「法と統治の一般的原理」についての新たな著作を予告し、その半ばは『国富論』(1776)と結実したが、法学の理論については、晩年までその意志を表明し続けたが果すことなく没した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者:Adam Smith (1723-1790)
    翻訳:水田洋(1919-):(アダム・スミス研究、社会思想史)

    【メモ】
    ・補足。
    『アダム・スミス 法学講義 1762~1763』
     翻訳 水田 洋・篠原 久・只腰親和・前田俊文
     価格 6,600円
     判型 A5判・上製
     ページ数 450頁
     刊行年月日 2012年
     ISBNコード 978-4-8158-0699-6

    内容紹介……
    “近代経済学の基礎を確立し 「経済学の父」 とも呼ばれるアダム・スミスがグラスゴー大学の道徳哲学教授としておこなった法学についての講義には、二つの聴講ノートが残されています。『道徳感情論』 以降 「法と統治の一般原理」 の解明を目指していたスミスは、法学についての著作を書く意図を抱きながら、ついに実現しなかっただけに、その構想を示す講義のノートは大変貴重なものです。そのうち、1762年12月24日から1763年4月13日までの日付のある長い方はLJ (A)、日付のない短い方はLJ (B) と略称され、これまで研究がなされてきましたが、後者についてはすでに邦訳 (高島善哉・水田洋訳、1947年) があり、2005年には新訳 (水田洋訳、岩波文庫) も刊行されました。本書は、残る前者の初の全訳となります。”
    http://www.unp.or.jp/ISBN/ISBN978-4-8158-0699-6.html


    【目次】
    第1部
     司法
     公法学
     家族法
     私法
     契約
    第2部
     生活行政
     軍備 
     国際法
    附録
     国富論草稿
     分業論断片

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

(1723-1790)近代経済学の父ともいわれる英国スコットランドの経済学者・哲学者。主著に『国富論』『道徳情操論』

アダム・スミスの作品

ツイートする