経済学および課税の原理〈上巻〉 (岩波文庫)

  • 56人登録
  • 4.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 羽鳥 卓也  吉沢 芳樹 
  • 岩波書店 (1987年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003410912

作品紹介

リカードウの主著。「経済学の原理」と「課税の原理」を別個の次元で捉え、課税論は前者の応用領域として理論を展開する。

経済学および課税の原理〈上巻〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  
    ── リカード≒リカードウ/羽鳥 卓也&吉沢 芳樹・訳
    《経済学および課税の原理(上)1817 19870518 岩波文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003410912
     
     Ricardo, David 17720419 Englaqnd 18230911 51 /
     
    (20160926)
     

  • 書斎の本棚から百冊(佐藤優選)61
    社会・経済についての知識で、われわれが置かれた制約を知る
    リカードウの課税論を通じ、国家と官僚の機能が見えてくる。

  • 経済学が,体系化を計る過程における,古典としての名著の一つ。
    文庫でお値打ちに読めるのはすばらしい。

    経済学を勉強するには、最新の理論を3つと、古典の理論を3つ勉強すると、立体的な物の見方ができるかもしれない。

    本書は、アダムスミス、マルサスとともに、古典の3つのうちの一つに数えることができるかもしれない。

  • 経済学が好きな人にもってこいです!

全4件中 1 - 4件を表示

経済学および課税の原理〈上巻〉 (岩波文庫)に関連するまとめ

経済学および課税の原理〈上巻〉 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする