戦争論〈上〉 (岩波文庫)

制作 : Karl Von Clausewitz  篠田 英雄 
  • 岩波書店
3.53
  • (15)
  • (15)
  • (42)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 439
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003411513

作品紹介・あらすじ

戦争の形態はナポレオン一世により本質的な変貌をとげた。戦争は政治の手段にほかならないとの観点から近代戦を精密に分析し、戦争の原型と本性を見極めた本書は、戦争哲学に新生面を拓いて軍事にとどまらず広く影響を与えた。(上)には第一‐三篇を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出口治明著『ビジネスに効く最強の「読書」』で紹介
    プロイセンの名将カール・フォン・クラウゼヴイッツが書いた、軍事戦略の古典。

  • やっと読めたよぅ

  • 難しい

  • 読みにくさから、長年放置していたのだが、訳者あとがきを読んで、原文が元々難解であり、そのため逐語訳では表現できない部分が多くに渡るため、訳に苦労した旨の記述があった。少々古い翻訳で当用漢字に無いような漢字も使用されているが、読めないほどの頻度ではない。苦労するようならレクラム版を先に読んだ方が良いだろう。

  • 「戦争論」
    クラウゼヴィッツ

    「名著で学ぶ戦争論」を読んだ影響で読んでみようと。

    クラウゼヴィッツの「戦争論」は
    避けては通れない書物であるみたいなので、
    上中下、全3巻1320ページを紐解くことにした。


    「現代サラリーマンが読んで意味がある著書なのだろうか」

    答えは否。

    逆に1832年に出版された戦争に関する書物だから。
    これは自明なんだけども。

    それはともかくとしても。
    何より読みにくい。

    もともとこちらとしても実用書として挑んでいるワケではないので、
    ある程度覚悟していたつもりだが「これほど」とは。

    何故こんなに読みにくいのか。

    理由としては、文章の一文一文を理解するのに、
    著者の意図する総体を分かっていないと分かりづらいためだ。

    正直、読んでいて苦痛。修行に近い。
    何より、読んでも何一つとして現代サラリーマンの
    自分に利するところが何もないというのが追い打ちをかける。

    と、この点に関して言えば発想の転換によって、
    大きく意味合いが違ってくる。

    本書は現実的に可能な限り高次な視点で戦争を通観している。
    いわば将軍の目線だ。
    (ナポレオン・フリードリヒ大王etc)

    一介のサラリーマンブ無勢が
    そんな高度な目線に立ち会えるとは。ありがたい。
    そんな気概をもって読まなければならない。

    そう言った意味でいうならば、
    時空と地位を飛び越えた書物といえる。


    「戦場のetc」

    上中下と分けられた本書において、
    上巻は主に「全編に対する心構えをつくる」パートという印象を受ける。

    対して中巻からは具体的に「本戦」「行軍」「要塞」「山地防御」「河川防御」
    など、急に具体的な事項が書かれ始めて面食らう。

    中でも印象に残った章といえば「退却」に触れた章だ。

    敵軍敗戦後の退却に対して、
    追撃を敢行することではじめて大きな戦果を出すことが出来るなど、
    目からうろこ、どころかはじめて習う論法が妙に印象に残る。

    NHKドラマ「坂の上の雲」で日清戦争中に阿部寛が演じる秋山好古が
    「退却戦こそ難しいんじゃ」と言っていたシーンがよみがえった。


    「中道へと転がりがちな分野における信念について」

    現代サラリーマンが読んで意味があるのか。という問いに対して、
    将軍目線で味わえるという、いわば屁理屈のような回答を出してみたが、
    最後にもう一つ。本書に対して美徳を感じた点がある。

    様々な要因が入り混じるために、
    いくつもの誤った説がはびこる「戦争」という事象について、
    再度、公正な立場で、論理的で体系的に語ろうとした点である。

    門外漢の自分としても、この試みが途方もない作業であることが分かる。
    現に本書の大部分のページがもっぱら
    「誤った説を修正する」ことに割かれているからだ。

    「戦争」という特異な分野であるものの、
    この膨大なページに渡って語られる著者の気概が感じられ、
    信念を持つことに対する勇気をもらえるような気がした。

  • たぶん永久に積読になりそうなので、先に懺悔。
    ごめんなさい無理でした。
    上巻の途中で挫折。無念。

    「第二次大戦前の主要な戦略論が知りたい。とりあえず『孫子』かなあ?」と弟くんに話を振ったところ、紹介されたのが本書。
    「持ってるから貸すよ?」ッて言うから「じゃあ貸してくれなくていいから、内容をかいつまんで説明してよ!」ッて言ったら「読んでないし。」ッて言われた。
    読み始めて、よく分かった。
    なんて言うのかな、もちろん日本語で書かれてるから単語の意味は分かるし、順に文章は追えるんだ。
    でも数ページ読んだところで、ここまでで何が言いたかったのか、さっぱり分かんない…と呆然とする、みたいな。
    自分の日本語能力の根本を揺さぶられる、オソロシイ本です。 笑

  • むかーし読んだが、わけが分からなかった。

  • 文庫じゃないやつ読んだ

  • 【メモ】
    ①読書理由
    ・有名な本であったから何となく。
    ・卒論が安全保障にかかわることなので。「戦争とは何か」を考える上で有益かと思った。
    ・戦争ゲームが好きである。特にCossacksシリーズ。(http://goo.gl/7Vm2T)好きモノは連絡を。
    ・ツイッター上でこの本の話をしたことがあり、それで面白そうだと思ったため。

    ②雑感
    ・マルクス主義の戦争観に大きな影響を与えたのだと、読む前に教えてもらった。そのとおりである。と、いうかこの点じゃないかなと思う。
    ひとつは、戦争をするにあたり、兵力を最大限に高めるためには、味方が高い「緊張状態」「危険状態」に置かれている(あるいは感じているか)必要があるというからである。理想の状態はフランス革命み見られると言っている。これはプロレタリアート団結の論理と似ている。
    もうひとつは、戦争をするからには敵の全滅を狙わなくてはならないということだ。マルクス主義革命がブルジョア階級の全滅を徹底的に志向するものであるから、これもやはり似ている。
    ・また共同体の「緊張状態」を高めることであらゆる手段を正当化するという形態は、まさしく近代国家の特徴そのものと言える。現代においても「敵が攻めてくるかもしれない」という共同体的な危機感覚が、あらゆるリスクを許容する上での根拠となっている。
    ・ドイツらしいなと思った。というのは、理論はあくまでも将帥を成長させるもの、生かすものであって、定規のように使われるものではないと言っているからである。緻密な理論に基づき、なおかつ個人の「天才」を生かそうとする志向は、ワイマール憲法の考え方を思い出す。ウェーバーのカリスマ的統治にもつながるのではなかろうか。
    ・また物事を論ずるにあたり、「~である」よりも「~ではない」という表現を多用しており、これにも僕はドイツらしさを感じた。「~ではない」を多用する事で「~である」を強調し、また、定義されえない領域があることを表現する。
    ・「上からの」理論と実践の矛盾をいかに解消するかという議論を行っている。(「下からの」にすれば、マルクスになりうるのではないか。)本書の中核的な問いであると思われる。これは「戦争」という題目を超えて、普遍性ある議論ではないか。
    ・RTSゲームのコサックスはおそらく本書を参考としている。はず。防御が有利であるという考え方は特に。
    ・現代は「戦争論」と言った時にどうであろうか。原子爆弾をみれば「(戦略に対する)武器の勝利」と見れる。
    ・共同体の危機的状況が国民の士気を向上させ、正規軍に十分対抗できるようになるという考えは、ベトナム戦などを見ていると、未だ通用するのだなと思う。しかし、先進国正規軍にとって、今や「危機的状況」とはなんなのであろうか。
    ・テロなどには、当然適用できない考え方である。

  • 読みづらいが、内容は興味深い。「戦術的に戦力の逐次投入はあり得るが、戦略上の戦力の逐次投入はあり得ない。」慧眼。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

クラウゼヴィッツ(1780〜1831)はプロイセンの将校で軍事理論家。ナポレオン戦争に従軍し、その体験から戦争・戦術を理論的に分析、政治の一側面として捉え、位置づけた。現在の政治学や安全保障の面でも高い評価を受けている。

「2009年 『国家を憂う』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クラウゼヴィッツの作品

戦争論〈上〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする