資本論(マルクス) 1 (岩波文庫 白 125-1)

制作 : F.(フリードリヒ)エンゲルス 
  • 岩波書店
3.53
  • (31)
  • (23)
  • (63)
  • (7)
  • (5)
本棚登録 : 868
感想 : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003412510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 疎外。本来、自分のものであるはずのものが自分から離れてよそよそしくなる。本来、労働は創造的な活動で、自己実現、人間能力の開花につながる。しかし、ものを生産する手段(労働者)を資本家が握る社会では、労働者は自分の人生や運命を決めることができない。
    ※疎外の指標(無力・無意味・孤立・自分が自分でないような感覚)。単純流れ作業の労働者は疎外感が高く、職人では疎外感は低い。選択肢もなくただひたすら単純作業を機械のように続ける労働者。自分の技術を日々磨き、成長・やりがいを感じている職人。R・ブラウナー。

    物の価値は労働量で決まる。資本家は労働者を酷使して、労働力をできるだけ多く搾り取る。人間は自分で素材を買い、働いて価値を付けて、売るのなら、搾取はどこにもない。靴職人が革を買って、それを加工して靴を作って売る。搾取はない。しかし、素材を買うお金がない人は労働力を売って生きるしかない。資本家は靴職人を雇って、靴を作らせ、その商品を売る。売上の一部を靴職人に賃金として渡す。資本家は安い賃金でたくさん靴を作らせた方が儲かる。労働者を限界までこき使うようになる。賃金以上に働いて生まれた価値(剰余価値)はすべて資本家のものになる。

    『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』

    共産主義者はすべての社会秩序を暴力的に転覆することで、その目的を達成することを公然と言明する。支配階級を共産主義革命の前に戦慄させよ。労働者はこの革命によって鉄の鎖のほかに失うものはない。労働者が得るものは全世界である。万国の労働者団結せよ。『共産党宣言』1848
    ※議会を通じて、言論で社会主義を目指すべき。ベルンシュタイン1890年代

    ※共産主義。能力がある人もない人も自分の能力に応じて働けばいいが、人が必要とするものは能力と関係なく存在するので、必要なものは必要に応じて分配されるべき。
    ※ユダヤ人。裕福な家庭出身。父は弁護士。
    ※低学歴だけど、金持ちの社長・芸能人。高学歴だけど、貧乏な非正規。

  • 机上の空論。ためにならない本。インテリが好む本。共産主義者が読む本。つまり、読まなくていい本。

  • どっち道、経済学は間違っているのだから、釈迦力で読む必要はない。俗に、16頁までは読まれないと言われている。著者の生きた時代の資本主義社会がどうだったかという点と、マルクス主義の経典の一つとして読む価値はある。読んだら自慢しよう、「俺は資本論を読んだんだぜ!」と。但し、気力・体力の充実してる時に限る。大著なので大変疲れるから!

  • かつてのマルクス翻訳者の第一人者である向坂逸郎は、113年前の1897年2月6日に福岡県大牟田市で生まれたマルクス経済学者・社会主義思想家。

    本当にマルクスを読み解くなら、哲学や階級論だけで終始していては不備だということから、無理難題を承知の上でしたが、無謀にも牙城を攻め崩す覚悟で、この『資本論』岩波文庫全9冊とともに、『ゴーダ綱領批判』とか『経済学批判』も合わせて克明なノートを取りながら、父やボイスレコーダー相手に説き話すことで咀嚼しながら理解に努めたものでした。

    たしかに難解といえば難解でしたが、言葉の意味とそれぞれの関連性を理解するだけで案外スッキリと解けるもので、すこしわかるとしめたもの、けっこう私もやるじゃないなどと言って、自分で自分を褒めるようになったら、これまた好都合で、より加速出を増して読めるように進みます。

    ともかく、本来、経済学の専門家ではない私のような普通の人が普通に読んで理解できなくてはならない本なのですが、だいたいのおおざっぱな概説としてなら数多く出ている入門書を読めばいいのですが、私としては政治学よりも重要なものとしての認識から、生涯にわたってある程度以上の議論が出来たり、日本や世界の行く末を展望するためにはどうしても必要だということで、少し無理して、お勉強しちゃったのでした。

    そして私は、少しでも大好きなシモーヌ・ヴェーユに近づくためには、彼女と同じかたちでマルクス・レーニンを読まなければならないと思い込み、暇にまかせて古書店を探し回って、かなり綺麗なままのマルクス全集53巻とレーニン全集47巻を見つけましたが、購入したのは後者だけで、前者の方はちょうど出ていたCD-ROM8枚組を選びました。両方で30数万とかなり廉価にしてもらったとはいえ高額、でも全部バイト代でまかないましたから誰にも無駄使いとは言わせません。

    ただし、本来この軍資金は、成人式の時に着物をレンタルか購入する資金として貯めたものでしたから、それをカールとウラジーミルに使っちゃったなんてことは誰にも言えません。結局は成人式にも行かずじまいですが、まあ、そんなことはどうでもいいことです。

  • 説明不要
    聖書と並ぶ“永遠のベストセラー”
    資本主義的生産メカニズムの正体と
    その生成と発展と没落の必然性を
    唯物史観の観点から説き明かした
    革命家マルクスの集大成にして人類史上最大の大著
    人生狂う恐れあり、要注意

  • 文体は難しいが、とくに難しいことが書かれているのではない。商品の分析からはじめて貨幣という商品を導き出し、交換過程へすすみ、資本の蓄積の秘密として、労働力という特殊な商品を導くところまでです。それにしても、明治維新の前年にこんな著作があったのはすごいことです。現代社会を見る眼も養うことができます。遊牧民が交換過程で果たした役割とか、日本の開国が日本経済に与える影響とか、トルコ帝国がなぜ長く存立したのかということも注釈に書いてあります。資本主義の条件として賃金労働が存在することを指摘している点は重要な点です。資本論はその名のとおり資本のしくみを分析している本で、社会主義の聖書ではないことは心得ておく必要があります。

  • ◆3/7オンライン企画「その相談、あの本なら、こう言うね。F/哲学の劇場」で紹介されています。
    https://www.youtube.com/watch?v=1K0qT4_6lEk
    本の詳細
    https://www.iwanami.co.jp/book/b248569.html

  •  学生時代に読んだ記憶があるのはこの第1巻のみ。今回30年ぶりに再読を思い立ったが、この岩波文庫版が第9巻まであるということを知り愕然とする。みんなよく読むよなあ。以前ホッブスの「リバイアサン」に手をつけたときは第3巻の最初で挫折、しかも今回は優にその3倍以上はある。全巻読破は無理かなと思いつつ、幸か不幸かコロナ禍で通勤時間が節約できている今しか読む機会はなかろう、と考え読み始めた。

     個人的に貴重な再発見であったのは以下のくだり。商品生産における価値体系「使用価値」「交換価値」とパラレルな形で、労働にも「具体的な有用労働」と「抽象的な人間労働」があり、交換価値は専ら労働時間で計量される抽象的人間労働」によりもたらされる。商品同士の交換では、一方の使用価値が他方の交換価値と相対するが、そこでは同時に私的で具体的な労働が社会的で抽象的な労働と対峙している。──有名な「労働の二重性」だが、ここで価値の交換が成り立つための条件を考察した先駆者としてアリストテレスが持ち出されているのが興味深い。交換されるべき価値の共約数である「人間の平等性(等一性)」の発見者として、マルクスはアリストテレスを高く評価しているのだ。当時はスコラ哲学を経てデカルトやベーコンの機械的人間論が幅を利かせ、アリストテレス的な形而上学は傍に追いやられていた時代だと理解していたのだが。

     本来なら等価交換で剰余価値が生まれるはずのない商品経済で、何故か価値の蓄積を続ける資本。その価値の源泉が、本来貨幣と等価交換されるべきその使用価値が消費された途端に交換価値を生じるような特殊な商品、すなわち「労働力」であったという転倒。労働力に超越論的に内在する剰余価値=使用価値と交換価値の差異を搾取しながら、ベンサム的功利で自らを正当化する資本を糾弾したところで第1巻は終了。

     この第1巻は比較的難解だとされているようだが、学生時代とは違い今改めて読むと意外にシンプルで読みやすく感じる。比較的有名な論点が多くいろんなところで言及されているせいもあるだろう。一方、事前に知りたいと思っていた物神化や類的本質といったマルクスを特徴づけるタームの出現頻度はここでは低く、本書を読んだだけではほとんど理解が進まなかった。

  • アダム・スミスが、資本主義社会を分業の観点から見ていたとするなら、このマルクスの『資本論』は、分業された社会を、アダム・スミスが見ていた社会を逆から、逆立ちして見ていたと言える。
    ミクロに、モノが売られ、購入される、商品→←貨幣の場面を執拗に分析する。

    流通過程
    亜麻布ー貨幣ー聖書

    貨幣の資本への転化。
    資本は流通からは発生しない。

    労働力。
    資本は、生産手段の所有者が、市場で労働力の売り手を見出すところに成立する。
    労働力の価値とは、その国の文化環境によって異なる。

    例示が多いので、難解だが、まだなんとか理解できる。

    形態変化
    WーGーW

    法則
    流通手段の量
    流通する商品の価格の総和。

    貨幣流通の平均速度。
    に規定される。

    貨幣退蔵。

    貨幣こそ商品。(p240)

    資本の形成の歴史的過程
    土地所有。
     ↓
    貨幣の形態。
    貨幣財産、商人資本、高利貸資本。

    W-G-W
    貨幣が媒体。
    売りをもって始まり、買いをもって終わる。
    最終目標は、商品獲得による使用価値の取得であり、欲望の充足である。

    G-W-G
    買いをもって始まり、売りをもって終わる。
    商品が媒体。
    最終的に貨幣が貨幣に交換される。
    無意味で無目的な操作にも見える。
    量的な相違のみ存在する。

    G-W-G’
    G'=G+⊿G
    ⊿G=余剰価値
    この運動が、価値を資本に転化する。

    (考察)
    全ての商品の利益率が同じであるという前提がおかしい。

    労働力の価値は、流通に入る前に決まっている。

  • 2019/05/29 読了

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール



「2013年 『フランス語版資本論 下 〈オンデマンド版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

K.マルクスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
ヘミングウェイ
ミシェル・フーコ...
ミシェル・フーコ...
三島由紀夫
ドストエフスキー
マックス ヴェー...
エーリッヒ・フロ...
フランツ・カフカ
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

資本論(マルクス) 1 (岩波文庫 白 125-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×