空想より科学へ (岩波文庫 白 128-7)

制作 : 大内 兵衛 
  • 岩波書店
3.45
  • (8)
  • (18)
  • (34)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 216
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003412879

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エンゲルス自身の著作『反デューリング論』から3章を選んでパンフレットにしたものとのこと。社会主義理論の古典として一番読まれた著作であるという。
    フランス革命は「理性」の革命であったが、それはブルジョアジー革命であり、社会基盤の整っていないプロレタリアートにはまだそれに対する政治能力が備わっていなかった。そのような時期に、大資本と貧困層の矛盾解決を図っても失敗するだけであり、空想的社会主義に過ぎない。では何が「科学」なのか。それは、社会に弁証法的発展を見出し、下部の経済構造が政治等の上部構造を規定するという唯物史観と、剰余価値により資本主義的生産が成立しているという資本主義の矛盾を指摘したことにあるという。そして、無制限の競争という社会的無政府状態と、生産過剰による不況を繰り返すことで、資本家は生産力の社会化を余議なくされ、それは株式会社、トラスト、国有化という道を辿るが、その矛盾を解消するためにプロレタリア革命がおこり、公共による生産調整が実現し国家権力は衰えることになり、個人は自由を得るという。
    歴史分析として資本主義にいたる唯物史観や経済学としての資本主義の本質は、ある一面ではあるが、鋭い分析で理論としてはよく説明できているし、会社員の身の上としては、身につまされる指摘が多いことも確かだ。(笑)ただ、未来設計理論としてみた場合、社会主義化にいたるプロセスが無邪気で牧歌的なのに加え、過去の社会主義といわれた国家が真逆の体制で、また生産面でも立ち行かなくなったことを鑑みると、現実にエンゲルスが生きていれば驚くほど「空想」的であったと理解・反省するのではないだろうか。訳者による「まえがき」が高揚感に満ちているのも「時代」を感じさせる。
    エンゲルス自身の英語版序文が、唯物論とイギリスの関係を「お上品な方々」に訴えるという感じで書かれており(笑)、エンゲルスによるその歴史理解ともども、これも興味深い。

    • だいさん
      現代の若者は、このような本は読むのかな?
      国体が必要ではないかと、考えるジジなので、本書の内容とは考えが異なるようだ。
      現代の若者は、このような本は読むのかな?
      国体が必要ではないかと、考えるジジなので、本書の内容とは考えが異なるようだ。
      2013/09/11
    • mkt99さん
      コメントありがとうございます。
      現代の若者は読まないのかもしれませんね。あんまり流行りではありませんし、思考停止している人も多そう(?)です...
      コメントありがとうございます。
      現代の若者は読まないのかもしれませんね。あんまり流行りではありませんし、思考停止している人も多そう(?)ですし。(笑)
      しかし同様に、右寄りな方はファンタジー好きな、精神的にも身体的にも縛られたいM気質ではないかと疑っていまして(笑)、左右どちらにせよ押し付けられるのだけは御免蒙りたいと思います。(笑)
      2013/09/11
  • 最も多くの言語に翻訳され、最も多く重版された史上最高の同人誌。労働者向けに弁証法や唯物論が易しく解説されていて、ディレッタントにはありがたい。空想社会主義を批判しつつも、それは当時の環境からいってそういう思想が生まれたのは必然的であるとし、思想的誤りにも関わらず先人たちの偉大さを評価するあたり、エンゲルスが常識人で人格者であることが伝わってくる、マルクスとは大違い。

    マルクス・エンゲルスの意を汲むならしてはアカンことばかりソ連はじめとする東側はやってしまったんだなと思う。そういう点で「本当のマルクス主義」はまだ未試行といえるけど、既にこの思想はソ連諸国のせいで「事故物件」と化しているから、今後とも実現の道はなさそう、御愁傷様でした。

  • やはり元が抜粋版であるためなのか、やや説得力に欠ける部分があると感じました。
    唯物史観は一理あると思いますが、何故そこから階級闘争に直結するのか、元は同じ階級であるはずのプロレタリアートとブルジョアジーの分割の基準は何なのか、私の理解のためにはもう少し詳しい記述が必要なようです。
    また、この書では「剰余価値」については「発見」しただけで、それが実際にどのような経済的効果をもたらしているのかの冷静な考察が行われているわけではないという点も、気になるところではあります。結局のところ、剰余価値を必然とする資本主義体制は現代まで生き残り、「旧社会主義諸国」は資本主義を導入して改革をせざるを得なかったわけですから……。
    本書がヨーロッパで出版された頃の日本は明治時代、世界ではようやく電球やガソリン車が登場した時期です。当時の産業界の様子を目の当たりにした著者が「過剰生産」に危機感を覚えたのは当然だったかもしれません。そして現代文明の資源の浪費についてはよく言われるところです。
    しかし、この書から100年以上を経た時代の読者である私は、今から100年後の人々が21世紀前半の文明を「過剰生産」だと思うかどうかについて、疑問を抱かずにはいられません。

  • 2018/01/14 読了

  • 中世社会の特に初めの数世紀には、生産は主に自家消費のためだった。
    それは、本人とその家族の消費する分を賄うためのものであった。

    そして、その余剰分だけが商品として販売されていた。
    また、足りない分は日銭を稼ぐことで賄っていた。

    だが、工業化によって商品としての生産が行われることで手工業は衰退し、
    生産者と消費者が益々分けられ、

    一方において生産手段と生産物の過剰
    他方において仕事がなく生活資料のない労働者の過剰

    という状況が生まれた。

  • 2003年 読了

  • (1999.10.02読了)(1999.07.15購入)

  •  私の選択としては、とても珍しいジャンルです。社会主義関係の本はまず手にとったことはありません。もちろんエンゲルスの著作も初めてです。先に読んだ「人間と国家」という本の中で、著者の坂本義和氏が影響を受けた本として紹介されていたので興味をもって読んでみたものです。
     さて、本書ですが、自説のエッセンスを労働者向けのパンフレットに取りまとめたものとのこと。エンゲルスの著作としてはとても分りやすいものらしいのですが、これが(予想どおり)なかなかの難物でした。せめて、高校時代の世界史の知識が残っていてくれたら・・・。

  • 「空想より科学へ−社会主義の発展」F.エンゲルス/大内兵衛 訳

    科学的社会主義の入門書。

    「読み終わった」などとはとても言えない、「目を通し終わった」くらいだから、追々再読せねば。


    目次

    訳者序

    フランス語版へのマルクスの序文
    ドイツ語版第一版〔一八八二年版〕への〔エンゲルスの〕序文
    ドイツ語版第四版〔一八九一年版〕への〔エンゲルスの〕序文

    空想より科学へ−社会主義の発展−
    一 〔空想的社会主義〕
    二 〔弁証法的唯物論〕
    三 〔資本主義の発展〕

    英語版への序文(史的唯物論について)

    人名注
    年表

  • 社会主義理論の入門書として最も多く読まれている本なのだそうで。

全20件中 1 - 10件を表示

フリードリッヒ・エンゲルスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
マックス ウェー...
三島 由紀夫
マックス ヴェー...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

空想より科学へ (岩波文庫 白 128-7)を本棚に登録しているひと

ツイートする