暴力論〈下〉 (岩波文庫)

制作 : Georges Sorel  今村 仁司  塚原 史 
  • 岩波書店
3.41
  • (2)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003413821

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『暴力論』後半と付論3つを収める。マルクス、ベルクソン、ニーチェなどから影響を受けつつ、体制による「強制力」と「暴力」とを区別し、暴力による体制の破壊を目指す。ソレルの意図は、個人の活き活きとした力の発現を目指すところにあったようだが、暴力概念の多義性ゆえアナーキストからファシストまで幅広い層を魅了するこの著作は、今日でもなお危険であり、魅力的な本である。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

フランスの哲学者、社会主義者。もとはエンジニアとして政府の土木技師を務めていたが、1892年に退職し、文筆活動をはじめる。サンディカリズム運動に啓発を得て、プロレタリアートを中心にすえた新たな理論の構築をはかった。代表的な著書に『暴力にかんする省察』(邦訳『暴力論』上・下、今村仁司・塚原史訳、岩波文庫)。

ジョルジュ・ソレルの作品

暴力論〈下〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする