経済学史―学説ならびに方法の諸段階 (岩波文庫 白 147-3)

制作 : 中山 伊知郎  東畑 精一 
  • 岩波書店
3.60
  • (3)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003414736

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シュムペーターはイノベーションで有名だが歴史系の本も書いている。1914年のものらしいので、ケインズ以前である。十分には理解できていないが、書き方はやや難解にも思える。

  • 古典的な経済学を概観するのによい。

    シュンペータの自説に拘るというより、
    学史をまとめてみたら、こんなことが見えたという感じがシュンペータの理論かもしれない。

  • 「経済学は科学だ。」という彼の主張どおり、過去の経済学の学説をその背景から徹底して究明している。経済史学としても経済学史としても、とても興味深くよめる。
    ただしシュンペーターの文章の書き方は、あまり上手とは言えないであろう。最終的に何を言っているのかよく分からないし、同じことを何度も繰り返す嫌いがあり、読みにくい。
    彼の他の著作にも、どんどん挑んでみたいと思う。

  • パラグラフの概念がほとんどない訳文で、読みづらい。ただ、ゆっくり読めばちゃんとわかるように丁寧な叙述ではある。良く知らない古い学者の名前がいっぱい出てくるので、経済の専門の人以外には、読んでもあまり益がないかも。

全5件中 1 - 5件を表示

シュムペーターの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

経済学史―学説ならびに方法の諸段階 (岩波文庫 白 147-3)を本棚に登録しているひと

ツイートする