世界をゆるがした十日間〈上〉 (岩波文庫)

制作 : John Reed  原 光雄 
  • 岩波書店
3.27
  • (0)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003420218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017.8.24 読了

  • 057

  • 出口治明著『ビジネスに効く最強の「読書」』で紹介

    アメリカ人ジャーナリストが見た、1917年のロシア革命の激動の10日間をリアルに詳述。

  • タイトルは有名だが、読んだことがなかった。ロシア革命を実見したアメリカ人ジャーナリストの書ということで、客観的、中立的な記録と期待したが、実際は、レーニンが序文を寄せていることから分かるように、かなり親ボリシェビキな立場で書かれており、意外だった。それでも、レーニンもトロツキーもその目で見て、11月革命を現地で体験した人らしい生々しいレポートにはなっている。
    上巻は、第7章、11月10日の夜まで。蜂起したボリシェビキとその他の勢力が路線対立により衝突寸前の状況で終わっている。最初のうちは、登場人物や諸組織などに慣れるのに大変だったが、次第に馴染んできて、面白くなってきた。
    この時期のロシアでは、多くの党派が革命を支持しているのに、その方法をめぐっての対立が激しい。他の時期、他の場所では、最右翼も十分左翼なのだが。

  • (要チラ見!) ロシア革命の入口

  • 映画「レッズ」のファンだけど、この本は難しかった。個人的にはロシアの革命よりも、ジオンの歴史だったりに興味があるのかも。誰か作んないかな。「コロニーをゆるがした十日間」w

  •  
    ── リード/原 光雄・訳《世界をゆるがした十日間(上)19571025-19910905 岩波文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003420217
     
    (20091203)
     

  • 上・下。
    1917年、アメリカの急進的な雑誌『ザ・マッセズ』の通信員として、ペトログラードにいたジョン・リードが、そこで目撃したロシア十月革命の真相をつづったルポルタージュ。

全8件中 1 - 8件を表示

ジョン・リードの作品

世界をゆるがした十日間〈上〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする