ゲマインシャフトとゲゼルシャフト 下―純粋社会学の基本概念 (岩波文庫 白 207-2)

著者 : テンニエス
制作 : 杉之原 寿一 
  • 岩波書店 (1957年12月20日発売)
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :88
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003420720

ゲマインシャフトとゲゼルシャフト 下―純粋社会学の基本概念 (岩波文庫 白 207-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あちこちで言及される有名な本。原著は1887年刊。
    社会学的な問題をたどりながら、文章や思考方法はかなり難解な哲学といった感じ。この翻訳も古いせいもあって相当難解さのレベルを上げているから、現在の日本の読者にはとりつきにくいだろう。新訳が出た方が良い。
    「ゲマインシャフト」=共同体主義の時代、そして「ゲゼルシャフト」=個人主義・自由主義・資本主義経済の時代という区分は、20世紀のさまざまな思想に受け継がれている。
    また、この本にはそういうおおざっぱな理論だけではなく、かなり細かい部分に至るまで社会の諸相が探究されている。男尊女卑ふうの物言いなど、やはり古いことは古いのだが、考えさせられる部分も多い。
    ただし、言葉遣いがとにかく難解なので、じっくりと我慢強く読まなければならない。そういう私も、疲れてくると飛ばし読みしてしまった。内容は興味深いものなので、新訳がほしい。

全3件中 1 - 3件を表示

テンニエスの作品

ゲマインシャフトとゲゼルシャフト 下―純粋社会学の基本概念 (岩波文庫 白 207-2)はこんな本です

ゲマインシャフトとゲゼルシャフト 下―純粋社会学の基本概念 (岩波文庫 白 207-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする