古典のことば―岩波文庫から (岩波文庫 (別冊10))

制作 : 岩波文庫編集部 
  • 岩波書店 (1995年5月16日発売)
3.63
  • (3)
  • (6)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :68
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003500101

古典のことば―岩波文庫から (岩波文庫 (別冊10))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 岩波文庫所収作品からの引用句を集めてある。味わい深い文章を日本語と原語双方で楽しめるお得な一冊である。
    左ページに原文、右ページに日本語訳の見やすいレイアウト。
    語学と箴言が好きな私にはぴったり(・・・といっても、英語とフランス語しか読めないのだが)。とはいえ原文がわからなくても十分楽しめる。禍々しいキリル文字、科学書以外で初めて見たギリシャ文字、などなど眺めているだけでもおもしろい。
    いつか引用元の本を原文で読んでみたい、と思わせる本。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4003500105
    ── 岩波文庫編集部《古典のことば ~ 岩波文庫から 19950516 岩波文庫》別冊10
     
    ── 鳥は卵からむりに出ようとする。卵は世界だ。生まれようとする
    者は、ひとつの世界を破かいせねばならぬ。(P51)
     
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4102001026
    ── ヘッセ/高橋 健二・訳《デミアン 195111‥ 新潮文庫》
     
    ── 良書の要約というものはすべて愚劣なものだ。(P205)
    ── モンテーニュ《エセー》
     
    ── 万人向きの書物は常に悪臭を放つ書物である。民衆が飲み食いす
    るところでは、崇敬するところでさえも、常に息が窒るものだ。(P205)
    ── ニーチェ《善悪の彼岸》
     
    ── 一番美しい絵は寝床の中でパイプをくゆらしながら夢みて、決し
    て実現しない画だ。(P173)── 《ゴッホの手紙》
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19600920 魚は眠らない! ~ 酒と煙草と寝床 ~
     ↓マグリット《身のまわり品 1952》油彩 81×100cm
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%DE%A5%B0%A5%EA%A5%C3%A5%C8
     
    (20120124)
     

  • 名言を載せてあるんですが、横に原文もついています。ロシア語とかアラビア語とかあまりなじみのなさそうな言語も原文で載っていて、いろいろ想像できて楽しい本です。

    この中の魯迅の「故郷」のラストの文章が格調の高い印象に残る文章なので好きになったのですが、後々「阿Q正伝」などを読んだ時に「故郷」も収録されていて、実は中学ぐらいに教科書で出会っていたことが、その時にわかりました。何となくどこかで会ったような文章だなと思わなくもなかったので、その時に何かつながった気がしたのが今でも印象深いです。

  • 配置場所:2F文庫書架
    資料ID:C0018348

  • 文豪、哲学者、その他著名人のツイートを読んでいるようだ。好きだった作品でも忘れている台詞があったり、好きになった台詞から作品を読んでみたくなったり、良いループになっている。祖父の遺品。(購入: 2003 Jan 10(読了: 2015

  • 古典から選ばれた心に残ることば、名文が集められた本です。
    きっと自分の気に入ることばが見つかると思います。
    (文学部 P・N:かな さん)

    ↓貸出状況確認はこちら↓

    https://yamato.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00086961&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • PDF

  • 101001(n 101023)

  • 開いて左ページに原語、右ページに日本語訳が掲載されています。原文を見ることができるのが非常に興味深いです。

全9件中 1 - 9件を表示

古典のことば―岩波文庫から (岩波文庫 (別冊10))はこんな本です

ツイートする