近代日本文学案内 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.10
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003500224

作品紹介・あらすじ

(一)時代の主流を形成してきた立身出世の欲望、(二)現実社会に飽きたらぬ、またそこからこぼれ落ちた人びとが紡いだ別世界の願望、(三)新たに登場した交通機関、通信手段と文学との関わり-三つの切り口による近代日本文学の森の旅案内。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館本。 121冊目

  • 近代文学、それは文明開化のかおり。

    「立身出世」は日本近代文学のキーワード。そうやって、高校時代に現代文の先生に教わった。近代文学は、立身出世しようとする人たちと、その流れからこぼれ落ちた人たちの物語。そして、文明開化したことによって、消されようとした「科学」以外のモノと、お化けのように襲いかかる「科学」の物語。

    人力車、馬車、汽車、電車、軍艦、洋行(船旅)、自動車、飛行機という移動手段と文学の話がおもしろかった。

  • 戦後の本も若干冊触れられているが、基本的には明治期から戦前・戦中までが対象。柄谷行人とは違った切り口での分析で、これはこれで面白かった。ただ、取り上げた本の粗筋や引用が独り合点というか、読者が当然読んだものとして評論している部分があって、何が言いたいのか理解できない箇所がかなりある。一般読者を対象とするなら分かりやすい記述にすべきであろう。

全3件中 1 - 3件を表示

十川信介の作品

ツイートする