スペイン文学案内 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
2.83
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003500262

作品紹介・あらすじ

スペイン文学の豊饒な世界を案内する文庫版文学史。全体を二部構成とし、「1 スペイン文学の動向」では、文学史の流れを簡潔に概説、「2 主要な作家と作品」では、セルバンテス、カルデロン、ガルシア・ロルカ等々の魅力と特色をわかりやすく伝える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大きな期待感を持って読んだためか、かえって中途半端な印象を受ける本でした。全体は2部構成で、第1部が通史。第2部では「特に重要と思われる作家と作品にスポットを当て」、計26名の作家と作品の解説が成されます。個々の解説は興味深いのですが、なぜこれらの26名がスペイン文学史上「特に重要」なのかの説明がありません。また、今日のスペインでは、地域語で書く作家もスペイン国民文学賞を受賞しています。ところが、本書の冒頭では「カタルーニャ語、ガリシア語、バレンシア語、バスク語で書かれた文学は一切扱っていない」と断り書きがあるものの、なぜ取り扱わないのかの説明はどこにもありません。さらに、スペインを離れて異国の地へ渡航した「亡命作家」は取り上げていますが、逆に外国生まれでスペインで活躍している作家は、その数が少ないためか、ほとんど取り上げられていません。結局、本書の著者が「スペイン文学」をどのように定義しているのかが、素人の私にはよくわかりませんでした。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、1階文庫本コーナー 請求記号:960.2//Sa83

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2012200554

  • スペインのものってあまりないので買ってみた。文庫で千円もするんだけど、その割りに情報量が少ない。少ないでしょう!いくら日本では入手困難、かつ邦訳がないのが大半とはいえ、これではほとんど紹介していないに等しい。せっかく今年出たばかりなのにSFブームなどにも触れておらず、残念。

  • 見知らぬ作家の翻訳が増えるコトも希望。。。

    岩波書店のPR
    「日本ではあまり知られてこなかったスペイン文学の豊饒な世界を案内するハンディーな文庫版文学史。全体を二部構成とし、I「スペイン文学の動向」では文学史の流れを簡潔に概説し、II「主要な作家と作品」では、セルバンテス、ケベード、カルデロン、ガルシア・ロルカその他にスポットを当て、それぞれの特色と魅力をわかりやすく伝える。」

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

アメリカ・イリノイ大学大学院博士課程修了(Ph.D)。現在、南山大学外国語学部教授。
主な著訳書に、『スペイン黄金世紀の大衆演劇』(三省堂、2001年)、『浮気な国王フェリペ四世の宮廷生活』(岩波書店、2003年)、『概説スペイン文学史』(研究社、2009年)、『スペイン文学案内』(岩波文庫、2013年)、『バロック演劇名作集』(国書刊行会、1994年、共訳)、『スペイン黄金世紀演劇集』(名古屋大学出版会、2003年、共訳)、『ラテンアメリカ現代演劇集』(水声社、2005年)、『カルデロン演劇集』(名古屋大学出版会、2008年)、J・マンリーケ『父の死に寄せる詩』(『死の舞踏』収録)(岩波文庫、2011年)、J・エスプロンセーダ『サラマンカの学生 他六篇』(岩波文庫、2012年)、ティルソ『セビーリャの色事師 他一篇』(岩波文庫、2014年)などがある。

「2016年 『ドン・キホーテ――人生の名言集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐竹謙一の作品

ツイートする