紫文要領 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.83
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003510124

作品紹介・あらすじ

物の哀れをしる心という概念で愛読書『源氏物語』の意義と価値を捉えた宣長。歌論『石上私淑言』とともに"物の哀れ"文学観の成立を示し、晩年の『源氏物語玉の小櫛』に先立つ最初の源氏物語論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本居宣長の「源氏物語」論及び「読み方指南書」という感じであろうか。
    紫式部が「源氏物語」を著したところの本意は、
    「ものの哀れ」であると言い切る。
    このあたりのことは私には判断がつくはずのないことだ。
    しかしながら、「物語」という書物の定義論、
    「源氏物語」を正確に読むためには、この物語が書かれた当時の背景をきちんと理解するべき等々、なるほどと感じてしまう。
    いずれにしても、これだけ「源氏物語」を読みこんだ人は他にいないかもしれない。

  • 本居宣長といえば医業のかたわら35年をかけて、

    現存する日本最古の歴史書古事記を研究し、

    古事記伝44巻を執筆したことで有名ですが、

    また、もののあはれを知る心という概念で

    源氏物語を解説したことでも有名です。

    宣長の最初の源氏物語論です。

全2件中 1 - 2件を表示

本居宣長の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
マルセル モース
ミシェル・フーコ...
マルクスアウレー...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

紫文要領 (岩波文庫)はこんな本です

紫文要領 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする