黄金の驢馬 (岩波文庫)

  • 55人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 呉 茂一  国原 吉之助 
  • 岩波書店 (2013年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003570012

作品紹介

唯一完全な形で伝わるローマ時代のラテン語小説。梟に化けるつもりが驢馬になってしまい、おかげで浮世の辛酸をしこたま嘗める主人公。作者の皮肉な視点や批評意識も感じられ、社会の裏面が容赦なく描き出されており、2世紀の作品ながら読んでいて飽きさせない。挿話「クピードーとプシューケーの物語」はとりわけ名高い。

黄金の驢馬 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 田舎のボンボンが驢馬になってしまい
    世の中の辛酸をしこたま嘗め尽くし、
    ナンセンス極まりない出来ごとが
    惚けた語り口調で平然と語られる変身譚

  • 驢馬が死なずに最後まで生き残ったのが不思議なくらいです。

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2013200114

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
アポロドーロス
ヴィクトール・E...
マルクスアウレー...
アゴタ クリスト...
ジェイムズ・P・...
三島 由紀夫
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

黄金の驢馬 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする