侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)

著者 : 芥川竜之介
  • 岩波書店 (2003年2月14日発売)
3.72
  • (30)
  • (27)
  • (50)
  • (4)
  • (1)
  • 293人登録
  • 34レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003600139

作品紹介

「打ち下ろすハンマアのリズムを聞け」-芸術の永遠に滅びざることをこう表現した芥川は、死の前の4年間アフォリズムの刃を研ぎ澄まし「侏儒の言葉」を書きついだ。一方、谷崎潤一郎との二度の論争に底深く覗いた「文芸上の極北」とは何であったか。最晩年の箴言集と評論集。

侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 芥川最晩年の箴言・文芸論集。率直に言って、アフォリズムとしては余りにも陳腐でつまらない。芥川は飽くまで物語を虚構する技巧上の名手ではあっても、それ以外は特に抜きん出ているとは思えなかった。「筋」の無い小説を構想していたらしいが、彼の作品中で面白いのは、如何にも物語然とした小説らしい小説の方ではないだろうか。

  • 弱々しい。鋭く見てはいる。それを理解しつつ、自らの精神で拡大し脚色している。反応的だ。

  • 『侏儒の言葉』の方は、断片的過ぎてよく分からなかった。『文芸的な~』の方はまだ幾らか思考が纏まった感じ。途中、犀星や子規が賞賛されるのを見て、彼は短文ではなく究極的に言葉を削っていくことによって思考を感情のまま表現できる、と実験したかったのではないかと感じた。だから言文一致の時節にあれだけごろごろ変化していった国木田独歩を賞賛してるのだ。解説で、朔太郎にに詩人として拒絶されたという話を読んで得心する。私としては、彼の、詩人に憧れ俳人に焦がれて書かれた短編小説が面白いのに、と思ったのだった。

  • 文芸的な余りに文芸的な のみの感想。接続詞の妙な使い方や、思わせぶりな書き方を除けば、かなり正確に同時代の事実・真実を簡潔な文体で論評していると思います。強い思索と何度も推敲をした上で、書かれている文章だと思います。

    芸術の核心について、素材を変えて何度も論評していると思います。冒頭の「話」らしい話のない小説のくだりは、芸術の核心と・その周辺の現象について書かれていると思います。素材を変えて何度も芸術の核心について書かれていますが、それに関しての論評はどれも正確に書かれていません。「芸術の核心」は証明が不可能だから、定義はせず・あいまいに書かれているのだと思います。

    作者の同時代・少し過去の人物批評が正確だと思います。この部分がこの作品中の作者の最も優れた所だと思います。作中、作者(芥川さん)は自身をジャーナリスト兼詩人、と書いていました。推測ですが、ジャーナリストの優れた側面が、同時代の事実・真実・人物論評を正確にするのではないでしょうか。

  • 読み始めました。
    『侏儒の言葉』は、以前に単体の岩波文庫を読んだことがあります。

    大阪に向かう列車で読んでいます。前に読んだとき(30代)より、痛切に感じます。
    ちょうど京都駅に停車中に「侏儒の言葉」の部分を読み終えました。
    (2013年11月22日)

    「文芸的な」は、初めて読みました。
    (2013年11月23日)

  • 文芸論争はどうも神学論じみている。
    きっと痛切なことだったのだろうが、申し訳ないことにあまり興味を持てない。

    その一方でアフォリズムに惹かれるのは、
    それが日々の何気ない思考の断章だと感じるからだ。
    体系化される前に著者の生活の端々から自然と沸き出でる肉声のような気がする。
    そして、いくつかのアフォリズムが長い時間を耐えて小説を構成する血肉となり、
    また最終的には著者の人生を左右させるという予感がするからだ。

  • 「大きな物語」とは、もっとも根源的な世界観の上に成り立つものである
    すなわち、「弱肉強食」の世界観である
    しかしそれを人間の立場から見た場合
    あまりに動物的・非人間的と言わざるをえない
    「筋のおもしろさ」とは
    ようするに「大きな物語」の縮小コピーを楽しむものである
    しかし小説が人間を題材にするものならば、
    逆の観点から考えるべきこともあるのではないか

  • ビアスの方がキレとウィットがある。

  • 芥川が晩年に記したアフォリズム。読んでいると、彼は神経むき出しで生きていたのではないかと思うほど、鋭く繊細な文章。こんな感覚をもって生きていくには、いったいどれだけの苦痛が伴うのだろう。

全34件中 1 - 10件を表示

侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)のその他の作品

芥川竜之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
谷崎 潤一郎
遠藤 周作
梶井 基次郎
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)に関連する談話室の質問

侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)に関連するまとめ

侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする