芥川竜之介書簡集 (岩波文庫)

制作 : 石割 透 
  • 岩波書店 (2009年10月16日発売)
3.78
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :62
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003600160

作品紹介

芥川竜之介の全書簡から代表的な書簡百八十通余を収録。芥川の書簡は、その生涯、文学、交遊を知るための第一級の資料であり、芥川文学の「詩と真実」を最もいきいきと伝える作品の一つである。日本近代文学での書簡文学の名品に挙げられる。

芥川竜之介書簡集 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  一番の見所は山本喜誉司とのボーイズラブだろう。でも山本に恋人ができて、芥川の恋文は候文に変わる。とても切ないものだ。大人の階段、のぼったのだ。まあその切り替えの早さというのもすごいのだが。そして芥川が結婚するのは山本喜誉司の姉の娘、塚本文。ラブレターはあまりにも有名だ。
     英文をまじえた恥ずかしいラブレターを山本宛に送り、お前に恋してる、手紙は捨ててくれと書いているが、山本はばっちり残している。
     井川恭にはライバル的文章が目立つ。お互いを尊敬しているし、井川は小説で先に原稿料もらったりしているから、芥川の対抗心が文の硬さからよくわかる。(全文英語の井川宛の文も収録されている)
     P70に、ちょっと怖い文章がある。
     舞台を観た芥川の感想だ。

    【「茶をつくる家」をみたら猶いやになった。舞台のデザインは中々うまく行っていたが、作そのものは”完く駄目だ”。第一これでみると松居さんの頭も余程怪しいものじゃあないかと思う。筋は宇治の春日井と云う茶屋が零落してとうとう老主人が保険金をとる為に自分で放火する迄になる。そこで一旦東京の新橋で文学芸者と云われたその家の娘のお花が足を洗ってうちへかえって来ていたが、また身をうって二千円の金をこしらえ、音信不通になっていた兄から送ってくれたと云う事にして自分は東京へかえる。父や兄は娘の心をしらず義理しらずと云ってお花を罵るというのだ。第一どこに我々のすんでいる時代が見えるのだろう。保険金をとろうとして放火する位の事は気のきいた活動写真にでも仕くまれている。且家運の微禄を救うのに娘が身をうると云うのは壮士芝居所か古くはお軽勘平の昔からある。お軽が文学芸者に変ったからと云ってそれが何でSOCIAL DRAMAと云えよう。何で婦人問題に解決を与えたと云えよう(作者は解決を与えたと自称しているのだからおどろく)。】

      昭和二年始めに、芥川の姉の夫が放火の嫌疑をかけられ自殺し、自殺者の借金や、沢山の家族の扶養義務が芥川にのしかかる。なんとなくこの舞台とシチュエーションが似ているような……そうでもないか……。

  • あの「地獄変」や「羅生門」を書いた人とは思えない、婚約者文ちゃんとの手紙のやりとりが収録されています!芥川竜之介も1人の男なんだな、とちょっと可愛く思えてきます。

    熊本大学:もみじ

  • 文士としてよりも先に、人間として尊敬する。文ちゃんへの手紙があたたかくて好きだ。でも結婚してから送った手紙がちょいとふてぶてしいのもかわいらしい。

  • 『中三から一高へ』

    『「新思潮」と作家への胎動』

    『小説家〈芥川〉の誕生』

    『新進作家として』

    『職業作家として』

    『震災後の新時代を迎えて』

    『晩年』

  • 誰かの手紙を読むということは、本になってるとはいえドキドキする。

    心の痛ましさと優しさに涙が出そうになった。

    11月に芥川龍之介展に行った時、この中の数点、現物の書簡を観ることができた。
    友達に駄々をこねる手紙、可愛かった。

  • 岩波文庫(緑) 080/I
    資料ID 20102004651

  • 2009年12月23日購入

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

芥川竜之介書簡集 (岩波文庫)はこんな本です

芥川竜之介書簡集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする