歌行燈 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003600283

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 洒落ていて、意気で、文化の下地があって。歌を歌うように聞くように、酔いしれながら読み進めた。また、背景にあるだろう知らない深みを想起させられて、しんみりするとともにどきどきして。岩波文庫で集めはじめた、分け入りはじめた鏡花世界が、九冊目にしてまた、さぁっ、と新しい景色を開いてくれた感じがとてもうれしい。知らない部分のほうがまだまだきっと圧倒的に多いけれど、少ないながらも読んだなかから感じている、鏡花の著作に通ずる一本の線のようなものがあって。それが背中を走る喜びと言ったら! 悲劇におけるカタルシス、のようなものなのかもしれない。いや、舞台といったほうが適切か? いずれにしても魅力的。全集にもそろそろ手を伸ばしたいけれど、こちらの文庫本も、二解説とともに末永く持ち歩きたい一冊である。

  • すばらしい

  • 名作と名高い泉鏡花の中篇。
    旧版を持っているが、つい新版も買ってしまった……新字に直されているのが解っているのに……。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1873-1939年。小説家。代表作に「高野聖」「草迷宮」「歌行燈」ほか。

「2017年 『英語版 絵本化鳥』 で使われていた紹介文から引用しています。」

泉鏡花の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする