歌行燈 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.19
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 130
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003600283

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんなんだこのカッコよさは。。
    他に類を見ない研ぎ澄まされた文章に
    ただただ圧倒される。
    泉鏡花はもはや自立した
    一つのジャンルという感覚になる。


    物語は、
    「東海道中〜」の弥次喜多ごっこをしながら
    旅をする老人2人と、
    饂飩屋に訪れた流しの歌い手、
    A面B面のふたつのストーリーで
    のらりくらりと始まる。

    出だしは私には読みづらい。
    110年前の文章という以上に、
    主語と述語が数珠つなぎのように連なってゆく
    独特の文体がそうさせるのであろうか。
    要所要所の描写の美しさに
    ハッとさせられながらも、
    人物や出来事を正確につかむのにも
    ちょっと苦労する。
    出だしというか中盤くらいまでは、
    やや根気で読み進む。

    しかし、物語も後半に差し掛かってくると、
    次第にA、B両面の物語は交錯し、加速し、
    ちょうど歌舞伎や大相撲の、次第に早くなる
    拍子木の音を聞いているように、
    目まぐるしく交代のリズムを速めながら、
    最後の一点に向かって収束していく。
    そして、ついに両者が重なったその一点で、
    ピタリと物語が幕を引く。

    その間の描写の、比類のない美しさと緊張感、
    弛みなく最後の一点へと上り詰めていくリズム感。

    もはや電車を降りても読むのを止められず、
    吸い込まれるように一気に読み終えた。
    後には只々ため息がでるばかりである。

    「高野聖」も最後まで完璧な筆さばきの
    見事さが忘れられないが、
    この作品も同じような凄みを堪能できる。
    全部で99ページと短いし、大満足で、
    誰かにお勧めしたい一冊。

  •  泉鏡花は『外科室』を読んで甚く加盟を受けて以来。
     これは読み辛さが気になってしまった。最後の源次郎と喜多八が謡うシーンとその後に予想される展開はぐっとくるものがあるし、芸へのこだわりは素敵なんだけど、その芸の中身はよく分からんかった。ストーリーよりも雰囲気、な話だと思うので、これは致命的。私のこの時代や能楽に関する教養がないのが悪いんだけど、それでも正直メ本当にチャクチャ読み辛い。
     映像で観てみようかと思ったけど、流石に動画配信サイトでは対象になっていないみたいだ。うむむ。

  • 洒落ていて、意気で、文化の下地があって。歌を歌うように聞くように、酔いしれながら読み進めた。また、背景にあるだろう知らない深みを想起させられて、しんみりするとともにどきどきして。岩波文庫で集めはじめた、分け入りはじめた鏡花世界が、九冊目にしてまた、さぁっ、と新しい景色を開いてくれた感じがとてもうれしい。知らない部分のほうがまだまだきっと圧倒的に多いけれど、少ないながらも読んだなかから感じている、鏡花の著作に通ずる一本の線のようなものがあって。それが背中を走る喜びと言ったら! 悲劇におけるカタルシス、のようなものなのかもしれない。いや、舞台といったほうが適切か? いずれにしても魅力的。全集にもそろそろ手を伸ばしたいけれど、こちらの文庫本も、二解説とともに末永く持ち歩きたい一冊である。

  • 東海道中膝栗毛のオマージュがそこかしこにあって、元ネタが分かるとかなり楽しいです。
    泉鏡花独特の、そのまま舞台にできそうなあの雰囲気は、唯一無二だと思います。

    外科室が際立った美しさとしたら、私の中で歌行燈はちょっとエンタメでした。
    どちらも良いです。

  • 幻想的な情景描写で、読んでうっとりする大好きな作品。文語体ならではのリズム感も心地よく、泉鏡花の美しい句を日本語で読めるのは日本人の贅沢。

  • すばらしい

  • 名作と名高い泉鏡花の中篇。
    旧版を持っているが、つい新版も買ってしまった……新字に直されているのが解っているのに……。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

明治6年(1873年)石川県生まれ。尾崎紅葉に師事。1895年に「夜行巡査」「外科室」を発表して話題となる。その他の代表作に「高野聖」「歌行燈」など。金沢市にある生家跡は、現在泉鏡花記念館となっている。「乙女の本棚」シリーズでは本作のほかに、『外科室』(泉鏡花+ホノジロトヲジ)がある。

「2022年 『夜叉ヶ池』 で使われていた紹介文から引用しています。」

泉鏡花の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×