文学とは何か――現代批評理論への招待(上) (岩波文庫)

制作 : 大橋 洋一 
  • 岩波書店 (2014年8月20日発売)
4.21
  • (8)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :155
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003720417

作品紹介・あらすじ

欧米の文学理論の諸潮流を初心者にも分かりやすく解説するすぐれた入門講義。上巻では文学理論が対象とする「文学」とは何かを問うことから始め、19世紀の英文学批評の誕生、現象学・解釈学・受容理論、構造主義と記号論について詳細に論じる。明確な視座に立ち、読者の思考を刺激し触発する、「20世紀の古典」。

文学とは何か――現代批評理論への招待(上) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本格的な文学理論を学ぼうと通販で取り寄せてみたら、中身は本格的な哲学書だったでござる、の巻。文体も硬い上に論旨も入り組んでいるから、何が何だかわからないところが多すぎて困ってしまったでござる。世界中でこの「文学理論書」は高く評価されているが、読んで理解できた人はどれだけいるのでござろうか?
    本書で取り上げられている「文学理論」は、現象学、解釈学、受容理論、構造主義、記号論だが、本書ではこれらのきそてきなが異論が「十分理解している」という前提で論考をすすめていくので、先述の概念を全く知らない、あるいは触り程度しか理解していない人が読んだら、途中で放り出すことは必死の難解さ。私の知人は「簡単なことを、わざと難しくこねくり回すのが学者だ」と皮肉っていたことを思い出した。曲がりなりも上巻を読了したので、下巻もがんばって手を出してみようとは思っている。でもどれだけ理解できるかはわからない。

  • 本書は20世紀における文芸批評史であり、更に言えば2章以降は20世紀大陸哲学から見た文芸批評とは何か、という点に尽きるのだろう。そもそも現代思想が問いの中心を対象そのものから言葉それ自体に置いていることを考えればそれが文学理論と結びつくのは当然であり、現代思想って実際文学/文学批評そのものだよねってのが個人的立場。そんな訳で最初の英文学批評の誕生の箇所が個人的に一番興味深かったのだが、古典研究に対応する形で現代英文学研究が学問として成立するのが第一次世界大戦という時代背景に負っているとする指摘は興味深い。

全2件中 1 - 2件を表示

文学とは何か――現代批評理論への招待(上) (岩波文庫)のその他の作品

テリー・イーグルトンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
マックス ヴェー...
ミシェル・フーコ...
ジャレド・ダイア...
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

文学とは何か――現代批評理論への招待(上) (岩波文庫)はこんな本です

文学とは何か――現代批評理論への招待(上) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする