繻子の靴〈下〉 (岩波文庫)

制作 : Paul Claudel  渡辺 守章 
  • 岩波書店 (2005年12月16日発売)
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (524ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003750421

作品紹介

総督としてアフリカを守るプルエーズの元へ、新大陸副王の地位を抛ちロドリッグは駆けつける。だが既に自己犠牲を決意した彼女は、自ら守る砦での爆死を選ぶのだった…。「自由詩型による戯曲」という舞台言語を創造したクローデル畢生の大作。

繻子の靴〈下〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    <上>


    <下>


    [ 目次 ]
    <上>


    <下>


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 私個人ではとてもおさまりきらない、大変壮大な作品。
    一見、一人の女性をめぐる為政者の痴情のもつれに見えるのだが、
    全世界が舞台であり、地上と天上を魂が行き来する。
    しかもまったくこじんまりとまとまらない。
    輪郭が見えないのに怒濤のようにその内実が読者に迫ってくる。
    偉大であるとはこのようなことかと確認させられる作品。

    時間をおいて再読すべきだと思った。

  • 未読

全3件中 1 - 3件を表示

ポール・クローデルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミラン クンデラ
ヘミングウェイ
J.L. ボルヘ...
マルグリット デ...
ミシェル・ビュト...
ウィトゲンシュタ...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

繻子の靴〈下〉 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする