艶笑滑稽譚 第一輯――贖い能う罪 他 (岩波文庫 第1回)

著者 :
制作 : 石井 晴一 
  • 岩波書店
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003750834

作品紹介・あらすじ

「未来に於ける私の最高の栄誉」となる作品と、バルザックが自負した『艶笑滑稽譚』。社会・風俗への諷刺をきかせたエロティックで大らかな笑いの世界は、文豪の隠れた名作として愛されてきた。ヨーロッパ伝統の滑稽話の形式とラブレー等の語彙を借りた原文の古風な味わいを、流麗な日本語に移し替える。図版多数。全3冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 注釈を頼らないと、せっかくの言葉遊びも多量に登場する地名も全くわからないのが残念。
    読むことに必死で内容を楽しんで笑うには至らなかった。

  • お洒落で愉快なおふざけポルノ大全

    本書は、おふらんすの文豪バルザックが彼の生涯でもっとも力を入れた珍無類な世紀の奇書の第一弾である。かのフランソワ・ラブレーの顰に倣い、ヴェルヴィルをお手本として1832年に腕によりをかけてでっちあげたお洒落で愉快なおふざけポルノ大全であるが、これほど正月にふさわしい書物もないだろう。

    ここに登場するのは絶世の美女や偽りの処女たち。そして高名にして色好みのフランスの王侯貴族や司祭、女房寝とられ亭主たち。彼らが仕出かす今も昔も変わらぬ男と女の色ごとの数々を10のエピソードにめでたくまとめて面白おかしく談じている。

    第5編「ルイ11世陛下のご遊来」では、「糞は暖きを垂れ、酒は冷たきを飲み、固クソ(カタカナの部分は、バルザックが原文でラブレー風の言葉遊びをしている)そり立てて後、下方に萎えさせて已む」をもって人生の欠くべからざる四快事とみなされたこの帝王の逸話が紹介されている。

    彼は宴会に招いた貴賓や美女たちにわざと悪いものを食べさせ、にわかに下痢をきざした彼らがとうとう豪華絢爛な衣装の中に排泄するさまを哄笑する悪趣味の持ち主であったが、一方では彼の命令に背いて別人を殺してしまった部下、そして本来は消してしまうはずだった人物を「吊る」さず、許してやる程度の寛大さも併せ持っていたのである。

    美人のケイコチャンがおしっこやウンチをした便器がお庭に捨てられている 蝶人

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2012200401

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

オノレ・ド・バルザック
1799-1850年。フランスの小説家。『幻滅』、『ゴリオ爺さん』、『谷間の百合』ほか91篇から成る「人間喜劇」を執筆。ジャーナリストとしても活動した。

「2014年 『ジャーナリストの生理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

艶笑滑稽譚 第一輯――贖い能う罪 他 (岩波文庫 第1回)のその他の作品

バルザックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
スタニスワフ・レ...
J.L. ボルヘ...
ハーマン・メルヴ...
M.バルガス=リ...
谷崎 潤一郎
オーギュスト・ブ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする