恋愛論(上) (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.29
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 94
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003750872

作品紹介・あらすじ

「この本は恋愛と呼ばれる情熱を構成するすべての感情の詳細で綿密な記述なのである。」理論書か、批評か、告白か、創作か-「結晶作用」の喩えでも知られ、古今東西の引用、作家自身の恋愛体験が織りなす無類の書物。上巻には第五十三章までを収録。新訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 途中まで読んだんだけど、恋愛ってこんなごちゃごちゃ考えるもんではないだろと思ってやめた

  • 林修先生が数十回読んだらしい。難解だった記憶。

    うむ、結晶の段階の言わんとしていることは分からなくもない。
    ただ恋愛は哲学的に考えるよりは、直感的に考えた方が良いと結論付けてる今、再読しようとは思わない…笑

  • 「所有することはなんでもなく、楽しむことがすべてだ」

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

スタンダール(本名アンリ―・ヘール)は、フランス革命からはじまるフランスの歴史的な激動時代を生き抜いた、フランスの代表的な作家。著書に「赤と黒」「パルムの僧院」「恋愛論」など。

「2016年 『ディズニープリンセス 「恋愛論」 Disney Princess Theory of Love』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スタンダールの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×