女中たち バルコン (岩波文庫)

制作 : 渡辺 守章 
  • 岩波書店
3.70
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003751107

作品紹介・あらすじ

姉妹の女中が、夜ごと奥様と女中に扮して奥様殺害の演戯にふけり、ついには自らを生け贄に捧げる危険な「ごっこ芝居」『女中たち』。権力と幻惑の表象ゲームが、「幻想館」の客と娼婦の性的演戯に変換され、革命を挫折させる『バルコン』。泥棒=詩人による「祭儀的演劇」の発する黒々しい黄金のアウラ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2作とも劇中劇があるため構造が入れ子的になっているのが印象的。「女中たち」のほうは、女中たちによる「女中と奥様ごっこ」ですが、「バルコン」のほうは「幻想館」という娼館が舞台になっており、これが現代でいうところのイメクラ的な場所なので、それぞれのシチュエーションと衣裳でお楽しみになるわけです。現実の役どころと芝居の上での役どころ、それらが交差してどちらが虚とも実ともつかなくなり、やがて虚構のほうが現実を凌駕し侵食するのが、どちらの作品も面白かった。

  • 面白い。
    人の腹黒さが滲み出ていて
    リアル。

  • 岩波文庫:赤 080/I
    資料ID 2010200655

  • 構成がすごい。
    でも難しい。

    腹黒さが
    よく出てる!!
    でもそれが
    人間らしさなんだと思うけど。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ジャン・ジュネ(Jean Genet)
1910年、パリで生まれる。父は不詳。七ヵ月で母親に
遺棄されモルヴァン地方の指物師の家の養子となる。
小学校卒業後わずか一〇日で職業訓練校の寄宿舎から
逃走。放浪する間の微罪のため一五歳で少年院に収監
される。一八歳で軍隊に入隊、中東、モロッコなどに
配属されたのち、1936年脱走する。訴追を逃れるため
贋の身分証でスペイン、イタリア、ユーゴスラヴィ
ア、チェコスロヴァキア、ポーランド、オーストリ
ア、ドイツ、ベルギーを転々とする。

1937年フランスに戻り、以後七年間に窃盗などの罪で
一二回告訴される。1942年、フレンヌ刑務所在監中に
詩集『死刑囚』を出版、以後矢継ぎ早に『花のノート
ルダム』『薔薇の奇蹟』『葬儀』『泥棒日記』など、
犯罪者の、また同性愛者の立場を公然と引き受けた特
異な小説群を発表、コクトー、サルトルらの賞賛を受
け作家としての名声を獲得する。1949年に最終恩赦を
受けたのち六年間沈黙。

1955年から戯曲『黒んぼたち』『バルコン』『屏風』
を発表し劇作家としてカムバックする。1968年以降は
アメリカ黒人解放闘争、パレスチナ解放闘争、移民運
動などに加担、ときおり特異な政治評論を発表してい
たが、1986年パリで死去。パレスチナ滞在期の追憶を
中心とする長編回想記『恋する虜』が絶筆となった。

「1999年 『アルベルト・ジャコメッティのアトリエ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

女中たち バルコン (岩波文庫)のその他の作品

ジャン・ジュネの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
ジョルジュ バタ...
ドストエフスキー
T.S.エリオッ...
ジャン ジュネ
谷崎 潤一郎
ポール・ヴァレリ...
M.バルガス=リ...
ウラジーミル ナ...
J.L. ボルヘ...
フアン・ルルフォ
ジャン ジュネ
ウィリアム・バロ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする